読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【トリプルORAS】ゴリラ入り晴れ砂スイッチ【クリスマス・トライ】

 図鑑検索で赤、白、緑色のポケモン使用可能のトリプル大会。クリスマストリプル大会、通称クリプル。

 戦績は30戦中25勝5敗で1758くらい。

 

f:id:baitopoke:20160813131848p:plain

f:id:baitopoke:20151213144752p:plain

 

ヒヒダルマ   意地AS   181-211-75-×-75-147

リザードン   控え目   185-×-110-213-136-125

  H-B:意地ワルビアルのダブルダメ岩雪崩を耐えるくらい

  S:最速バンギ+1

バンギラス   勇敢HA   199-204-130-×-129-59(最遅)

  ジャパンカップで使った個体の流用

サーナイト   冷静   175-×-101-178-135-76(最遅)

  H-B:意地鉢巻ファイローのブレバ確定耐え

  C:残り全部

ロトム   控え目   157-×-128-149-143-112

     H-D:臆病C252振りメガリザYのソラビ高乱数耐え

   S:エレキネットで1段階Sの下がった最速100族を抜くことができる

ファイアロー   意地HA   185-146-91-×-89-147

 

 

 最近トリプルでヒヒダルマ入り晴れパ(いわゆるゴリラパ)で遊んでいるので、今回の大会もそのノリで組んで遊んできました。最近寒いからこういう大会だけでも晴れパ使ってあったまりたいよねw

 

 環境に何が刺さっているかわからなかったので、S操作技を多めに入れて上から常に全体技で殴れるように頑張りました。(トリックルームの追い風、479wash.pngのエレキネット)ただ全国ダブルでも結果を残している+トリックルームを組み合わせたPTにしようとは考えていました。

 当たったPTはSの早いPTや追い風に頼ったPTが多かったので、トリックルームがかなり刺ささっており、バンギラスサーナイトの全体技で相手の頭数を減らす展開が多かったです。

 

 初手の選出は、f:id:kingcrimsonX:20140817181922p:imageのパターンが一番多かったです。ヒヒダルマがかなりヘイトを稼いでくれるので、ゴリラに相手が集中したり1-1交換をしてくれている間に、サーナイトがほぼ無償でトリックルームを貼れます。ごくまれにいた手動雨乞いをしそうな雨パには479wash.pngの初手出しからS操作をしてから天候を奪ったり、負担をかけるという立ち回りを心がけていました。

 

 トリプルバトルは6匹全部選出するため、選出読みというものがありませんが(あえて言うなら初手に何を出すか)、手持ちの6匹全部のポケモンを使って相手6匹を倒すという一体感のようなものが楽しいルールだと思います。シングルやダブルでは無理なギミックでもトリプルなら試せたり、意外なポケモンが大活躍するルールです。

 みなさんもトリプルに少しだけでも触れてみるのいかがでしょうか。

 

 

最高レート時の画像

(このあと正義の心アブソル入り叩きパに敗北)

f:id:baitopoke:20151213192937j:plain

 

f:id:kingcrimsonX:20140817181922p:imageの火力えげつないwww(等倍なら大体倒せる)。1試合で最高で3バナナ食べられた(ゴリラ語で3匹のポケモンを倒したの意)ときもありました。

 

・晴れ補正の乗った拘り鉢巻意地ヒヒダルマフレアドライブ(いわゆるゴリラドライブ)でH振りマリルリ確定1、HB特化クレセリア高乱数1というのは一部界隈では有名な話ですが、この大会でよく使われるポケモンにそこまで固いポケモンがいるわけでなく、拘り鉢巻では火力余剰気味だと考えました。

 拘りスカーフを持たせることで、拘りスカーフを持ったドーブルバンギラスの上を取れるだけでなく、トリックルームが切れた後の掃討役の役目も担ってもらいました。

 

・横取りロトム479wash.pngを初めて使用したのですが、相手のポリゴン2の自己再生やファストガードワイドガードを奪えたりと、なかなか楽しかったです。日本代表決定戦シニア部門決勝で見た横取りロトムが使いたかったというのもありますw

 

ウォッシュロトムハイドロポンプの命中率が低いということで普段はあまり評価していないのですが、このルールにおける飛行耐性と水耐性と炎耐性を兼ね備えるコマとして採用しました。貴重な電気打点もうれしいところ。ハイドロポンプはあまり打つ機会がなかったので採用は正解だったと思います。

 

の原子の力はファイアローとリザYミラーを意識して入れました。雨が降っていてもアローをワンパンできるのは楽しかったです。ただし今大会では原子の力の追加効果を引きませんでしたw

 

のラムの実+トリックルーム+神秘の守りでドーブルダークホールの対策をするつもりでした。これはおおむね成功。

 

サーナイトの特性シンクロは、トレースだと相手側の思わぬ特性をゲットして、雨降らしや砂嵐などの天候を取られてしまうリスクを考えて、シンクロを採用しました。また、特性発動順でこちらの遅いSがばれて、トリックルームを警戒させるリスクも考えてのシンクロでした。1度だけ、相手のニョロトノの熱湯→サーナイト火傷→シンクロでニョロトノも火傷→ラムの実でこちらの火傷は治ったけど相手のニョロトノは火傷状態という、なんだか相手のニョロトノが自分の熱湯で火傷したような珍しい事態がありました。

 

トリックルームを貼ってからの勇敢バンギラスの制圧力はやはりすさまじい の一言。命の珠の火力補正がかかった岩雪崩で相手を怯ませたり、噛み砕くで粉砕したり、けたぐりでバンギラスミラーを制したりと大活躍でした。

 

・この大会は当たったどのPTにもが入っていたように思います。先制ブレイブバードを防ぐファストガード、それを防ぐ横取りなどを仕込んでいたPTが上位に食い込んだのではないでしょうか。

 

・色彩的に赤4白1緑1の配分。炎タイプも3体いるけど、このガバガバなタイプ相性補完でも戦えるのがトリプルの面白いところ。