読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【GS考察】GS環境まとめ【伝説枠の組み合わせを中心に】

 

 VGC2016ルールのGSを最近頑張っているので、レートや大会であたった印象やその考察を自分用のメモ用も兼ねて好き勝手にいろいろ書いていこうと思います。今回のGSルールは伝説ポケモンをPTに2匹、さらに選出の際にも2匹まで入れてよいとルールなので、自分が強そうだと感じた伝説2匹の組み合わせとその取り巻きを中心に考察していこうと思います。

 

 

1.グラードンゲンシグラードンゼルネアスゼルネアス

 

・それぞれの性格はゼルネアスはミラーも考慮して臆病、ゲンシグラードンはPTのS操作が追い風かトリックルームのどちらかを軸にするかで、臆病、陽気、意地、控え目、勇敢、冷静とかなり分かれている印象があります。グラードンPGLを見てわかるように、グラードンミラーもかなりの頻度で発生するため、最速か最遅がよさそうと個人的には感じています。

 

メガガルーラメガボーマンダゲンシグラードンゼルネアスファイアロードーブルのいわゆる「Big6」といわれる並びは、現在GSルールのスペシャルレート、公式大会やオフライン大会で最も多く見ます。そのため、ミラーを意識して最速にまでSを伸ばしていることが多い印象です。下に、自分がメジャーと感じているBig6の技構成や性格を記しています。(ゼルネアスメガレックウザの命の珠ガリョウテンセイ耐え調整を施されていたり、ゲンシグラードンが特殊型ではなく物理型で断崖の剣を覚えている、メガボーマンダがCよりAに大目に努力値を割かれていたり臆病CSだったりするなど、トレーナーによって違いはあると思います)

 

性格努力値

持ち物

特性

 メガガルーラ

陽気AS

メガ石

猫騙

捨て身タックル

けたぐり

不意打ち

精神力→親子愛

 メガボーマンダ

無邪気CS

メガ石

ハイパーボイス

捨て身タックル

流星群

威嚇→スカイスキン

 ゲンシグラードン

臆病CS

紅色の珠

噴火

火炎放射

大地の力

終わりの大地

 ゼルネアス

臆病CS

パワフルハーブ

ムーンフォース

マジカルシャイン

ジオコントロール

フェアリーオーラ

 ファイアロー

陽気AS

命の珠

ブレイブバード

フレアドライブ

追風

ファストガード

疾風の翼

 ドーブル

臆病BS

気合の襷

ダークホール

この指とまれ

ニードルガード

ワイドガード

むらっけ

 このBig6といわれるPTに対しての勝率をどこまで伸ばせるかが、このGSで勝ち抜けるカギとなるでしょう。

 ・鉢巻きアロー入りグラゼルネ(BIG6) – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 ・BIG6(ゼルネアス、グラードン、ガルーラ、ドーブル、ファイアロー、ボーマンダ)、パーティ構成を紹介 – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

クレセリアドータクンなどのトリックルームを覚えるポケモンが一緒に入っているPTは、ゲンシグラードンの性格が勇敢や冷静だったり、トリックルーム下で先制をとれるように最遅にSを設定している印象があります。クレセリアへの耐性を高めるためにほぼ生意気HDの配分、スキルスワップや重力、神秘の守りや手助け、重力や威張るなどの補助技を駆使して隣のの攻撃を通していきます。また最遅ののSが85なので、Sを84に設定し、トリル下でスキルスワップの始まりの海デルタストリームなどの天候を終わりの大地で上書きするという芸当をしてきます。

 ・グラゼルネスイッチ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

・一方で ドータクンの性格や努力値振り、特性はかなり分かれているように思います。Sの設定は自身のメインウエポンとなるジャイロボールの威力を最大限にまで高め、トリル下で早く動くために最遅がメジャーです。自身の特性浮遊をスキルスワップで渡したり、トリルを決めやすくするために特性を耐熱にして炎への耐性をつけるのもよいかと思います。また重力と催眠術を組み合わせて、トリル下で相手のポケモンを眠らせて、隣のポケモンでガンガン殴っていくのも強いですよね。特性が浮遊ならスキルスワップを所持しており、耐熱ならば重力と催眠術を所持していると個人的には思っています。ただし、選出画面を見ただけではどちらの型かを判断するのは難しいです・・・。

 

 

2.カイオーガゲンシカイオーガゼルネアスゼルネアス

 

・現在のスペシャルレートの初期で流行った組み合わせ。はほぼ臆病最速一択。の性格はPT内のS操作役にもよりますが、冷静や控え目がメジャーな印象。

 

 ・GSでしか使えない、雨「しおふき」カイオーガと「ジオコンシャイン」ゼルネアスの構築を解説! – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 ( クレセリアメガクチートマニューラメガボーマンダ

 

 

3.レックウザメガレックウザカイオーガゲンシカイオーガ

 

ゲンシカイオーガの強力な水技をメガレックウザのデルタストリームやレックウザのエアロックでゲンシグラードンの終わりの大地に邪魔されずに通すのがコンセプト。

 

ゲンシカイオーガの火力は自身の種族値と天候だけで十分だと考えるプレイヤーが多く、かなり耐久に厚めに努力値を振られている。メガレックウザ努力値はほぼASぶっぱで、性格は陽気が一番多く、次いで無邪気、意地っ張りと続く。技はガリョウテンセイ、神速までが確定であり、攻撃が通りにくい鋼タイプ(ナットレイディアルガメガクチートギルガルドなど)への打点としてサブウェポンに地震や流星群、オーバーヒートなど、ゲンシグラードンへの打点として滝登りを搭載しています。また持ち物を持てるメガポケモンということで、自身の火力を底上げする命の珠や拘り鉢巻、確実に1回の行動を保障してくれる気合の襷を持たせる方が多いようですね。

 

・2体の組み合わせではジオコントロールされたゼルネアスドーブルが辛いので、挑発、黒い霧、追い風を搭載したクロバット、流星群と捨て身タックルを搭載したメガボーマンダが重いので命の珠を持ったマニューラ(威嚇が入っても命の珠氷柱落としなら確定1発)や目覚めるパワー氷を覚えたがPT内に入っている傾向にあります。

 

 ・「ほえる」サンダー入りオーガレック – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

 ・3メガ偽装2メガオーガレック – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

 ・追い風エルゲンレックオーガ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

 ・偽装トリパレックオーガ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

 ・クロゲンレックオーガ偽装トリパ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

 ・いつまでグラードンの不毛なミラーを続けるの?グラードンに有利な、カイオーガレックウザの構築を解説!【VGC2016/インターネット大会「Generation Showdown」最終6位】 | ポケモン攻略( ギルガルド化身ボルトロスマニューラ

 

 

4.グラードンゲンシグラードンカイオーガゲンシカイオーガ

 

・始めこの組み合わせの存在を聞いたとき、「ゲンシカイキするポケモンってPT内に2体入れていいの?」と思ったけど、大丈夫な仕様でしたね・・・。

 

・どちらかと言えば、トリックルーム下で動きやすいように伝説枠の2体のどちらかのSは最遅に設定してある印象があります。は天候が始まりの海でも置物にならないように、またジオコントロールを積んだゼルネアスに強く出るために断崖の剣を搭載するなど、物理型のことが多いです。

 

・伝説枠2体のお互いの特性がお互いの耐性や攻撃性能を落とす恐れがあるため、対戦中どちらを先に繰り出すのかなど、対戦中に考えるべきことは多いと思いますが、うまくはまると種族値とスペックの暴力で相手を蹂躙できます。  ドーブル化身ボルトロスピッピモロバレル

 

 ・グラカイトリパ~重力と断崖の剣~ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略 

 

 ・エルフーンドータクン入りグラードンカイオーガトリパ構築を解説 – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略( 

 

 ・「トリックガード」ドーブル入りダブルゲンシカイキトリックルーム構築を紹介 | ポケモン攻略( 

 

 

5.グラードンゲンシグラードン+ホワイトキュレムホワイトキュレム

 

 ・ヤミラミニャオニクスオス<重力!   

  ホワイトキュレム<必中スカーフ吹雪!  ゲンシグラードン<必中断崖の剣!  エルフーン<草笛!ピ~ピロロ~♪

 

ゲンシグラードンホワイトキュレムの攻撃範囲と相性補完がなかなか優秀。

 

・取り巻きも猫騙しやフェイント、先送りを使えるヤミラミ(大体メンタルハーブ持ち)や、S操作もできるエルフーンニャオニクスオスが多い。

 

・対戦数を重ねていくと、どうしても素の吹雪や断崖の剣などを当てなければいけないのが辛そうかなと思っています。

 

 

6.カイオーガゲンシカイオーガディアルガディアルガ

 

メガボーマンダゲンシカイオーガディアルガの相性補完と攻撃範囲が優秀。ディアルガの特性がテレパシーなら、霊獣ランドロスを横に添えることも多い。あとは草タイプ(ナットレイモロバレル)を添えるのがメジャーだと思います。ディアルガの持ち物はラム、眼鏡、オボン、カゴの実(眠る持ち)が多く、技としては竜の波動、ラスターカノン、大地の力、火炎放射、トリックルーム、雷あたりを考慮に入れる必要があります。

 

 ・ディアオーガスイッチ ~威嚇もトリルも2本立て~ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略

 

 

7.グラードンゲンシグラードンイベルタルイベルタル

 

・この取り巻きの組み合わせはメガクチートレパルダスメガボーマンダメガガルーラの中から選択という気がします。イベルタルのダークオーラで威力が底上げされた不意打ちやイカサマなどの悪技で相手に負担をかけていきます。

 

イベルタルゼルネアスに強いとは言い難いため、ゲンシグラードンメガクチートを添えたり、相手のゲンシグラードンに強く出られるメガボーマンダがよく同じPTに入っています。

 

僕の考えた最強のイベルタル。イベルタルグラードンの構築を解説!特殊グラードンの欠点は3つある。【VGC2016/インターネット大会「Generation Showdown」最終3位】 | ポケモン攻略

 

 

8.カイオーガゲンシカイオーガ+ホウオウホウオウ

 

・D154と特殊攻撃には強く、ジオコントロールを積んだゼルネアスにも回復技やアイテムを駆使すれば十分戦える。

 

・岩雪崩持っているゲンシグラードンが辛かったです(使用者並の感)。特殊型のゲンシグラードンも10万Vを持っていたり、B90と物理方面は意外と柔らかく、メガガルーラメガボーマンダ霊獣ランドロスの物理攻撃で致命傷を負ってしまうのが難点でした。

 

 

9.ミューツーXイベルタルギラティナオリジンギラティナアナザーギラティナ

 

・スカーフを持ったドーブルや猫の手を覚えたレパルダスダークホールをまき散らしながら、気合パンチで相手を処理していく。

 

・広角レンズを持たせたレパルダスであってもダークホールを外すときは外すし、最速起きをされてストレスがたまりそう。

 

レパドールカリオ時々イベルタル~ねこのてダクホ~ – ポケモンORASダブルバトル(VGC2016) | ポケモン攻略