ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【VGC2019サン】使用PTメモ集

 

 こんにちは、すきやバイトです。

 今はWCSルールがVGC2019サンシーズンのルールとなって最初のシーズンですが、自分はとにかくカイオーガを中心に構築を組んでは試して崩してを繰り返しています。

 

 

 

 

①スカーフカイオーガ+日食ネクロズマ

f:id:baitopoke:20180905131635p:plain

 

 一番最初に作ったPT。正直強そうなやつを強そうな型で放り込んだだけ。

 解説記事は↓↓。

 

baitopoke.hatenablog.com

 

 

 ここからしばらくスカーフカイオーガ(性格はひかえめ)を中心にいろんなPTを模索する。

 

 

 

②スカーフカイオーガルナアーラ

 

f:id:baitopoke:20181004141530p:plain

 

ルナアーラの持ち物が定まらなかった。またカプ・コケコの枠をカプ・テテフととっかえひっかえした。

・ルンパッパの「はたきおとす」がゼルネアスのパワフルハーブを落としたり、相手の回復木の実を落としたりと、なかなかよかった。

・カプ・コケコの「ボルトチェンジ」とガオガエンの「とんぼがえり」は使い勝手がよく、いかくのサイクルを自然とクルクル回せるのはGSでも大事だと学んだ。

・相手のイベルタルが辛いこと、また相手のルナアーラソルガレオと同速勝負が発生してしまうことを理由にルナアーラを使うことを諦めてしまいました;; 

 

 

 

③スカーフカイオーガ+ルギア 

f:id:baitopoke:20181003205000p:plain

 

・ルギアは臆病CSぶっぱ。カミツルギの上を取れるのはよかった。

・エレキシードが発動したルギアはとても固く、「めいそう」を2回積んで「エアロブラスト」連打という展開が理想だと思っていました。しかし、ゼルネアス対策と思われるガオガエンの「ほえる」、さらにこだわりメガネを持ったルナアーラの「シャドーレイ」、さらにこだわりスカーフを持ったカイオーガの「しおふき」を受けきれないなど立ち回りや構築内容に課題が残る結果に・・・。 

・ルギアが相手のたべのこし持ちナットレイ泥仕合を繰り広げた際にPPが危うく尽きかけるところだった。「はねやすめ」も「エアロブラスト」も増やしておくべき。

・一時は1800に王手をかけるくらい勢いはあったので再挑戦の価値はあり。

 

 

 

④スカーフカイオーガ+ゼルネアス

f:id:baitopoke:20181002204801p:plain

 

 ・ゼルネアス

 性格:おくびょう

 努力値:H92 B4 C156 D4 S252

 実数値:213-×-116-171-119-166

 ひかえめカイオーガ(C222)のダブルダメ「しおふき」確定耐え(178~211)

ガオガエン

 性格:しんちょう

 努力値:H236 B36 D236

 実数値:200-135-115-×-154-80

 いのちのたま持ちいじっぱりグラードン(A222)のダブルダメ「だんがいのつるぎ」高乱数耐え(いかく込み)

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」確定耐え

・ルンパッパはおくびょうCS、ルチャブルはようきAS。相手のカイオーガ+ルンパッパの組み合わせに対抗したくて、サイコシードかるわざポケモンを使ってみたかったが、いかんせんルチャブルが柔らかすぎた。「まもる」を入れたり耐久調整をするべきか。フワライドでもアリかもしれない。

・ゼルネアスがとても強かったけど、正直ゼルネアス同士の同速勝負でハゲた。こちらの最速ゼルネアスが「ジオコントロール」を積んだ状態でも、「おいかぜ」されると相手の最速ゼルネアスと同速勝負が始まってしまう。うーむ。

 

 

 

⑤スカーフカイオーガ+ジガルデ

f:id:baitopoke:20181002204839p:plain

 

 ジガルデ:ようきAS

 カイオーガ:ひかえめCS

 カプ・コケコ:ひかえめCS

 ガオガエン:しんちょうHBD

 ナットレイ:ゆうかんHA

 クロバット:ようきHS

 

・ジガルデの特性はスワームチェンジとオーラブレイクをとっかえひっかえ。「サウザンウェーブ」で相手のポケモンをロックして、隣りのポケモンを得意な相手にぶつけるがコンセプト。

・レート溶けまくった。1700台から1500台へとあっという間だった。メンツの組み合わせやコンセプトは悪くないはずなので、いつか再挑戦してみたい(n回目)。