ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【VGC2019サン】月食ネクロズマ+最遅カイオーガ【INC Nov. 2018】

 

f:id:baitopoke:20181130164449p:plain

 

 

 ネクロズマ:れいせいHBC

 カイオーガ:れいせいHC

 ルンパッパ:おくびょうCS

 ガオガエン:ゆうかんHA

 ナットレイ:ゆうかんHA

 カプ・コケコ:おくびょうCS

 

 

 こんにちは。すきやバイトです。

 11月30日9時~12月3日8時59分にかけて開催されたインターネット大会「2018 International Challenge November」 に参加してきました。

 

 

ルール

ダブルバトル

・いわゆるGSルール。通常のレート対戦で使用できるポケモンに加え、特定の伝説ポケモンも使用できます。

・1日15戦まで可能。全45戦。ただしその日に消化できなかった試合は翌日以降に持ち越し可能。

・3試合以上勝敗のつく試合をすると、色違いカプ・テテフを参加賞としてもらえます。

・詳しくはこちらPGLのページに飛びます)

 

 

結果

 1日目 12勝3敗

 2日目 9勝6敗

 3日目 9勝6敗

 

 最高レートは1714、最終はそこから1696に吸われたので1698でしょうか。

 結果が出たらまた貼りつけます。

 

f:id:baitopoke:20181216082413p:plain


 

 

構築経緯

・レートで最遅カイオーガf:id:baitopoke:20181003163521p:plainと最遅日食ネクロズマf:id:baitopoke:20180828215044p:plainの組み合わせを使ってみたけど、結構強いなあ。「トリックルーム」を貼って、「しおふき」ドーンっていうプレイングが自分に合っている気がする。

・ところでずっと日食ネクロズマ使ってみたけど、月食ネクロズマf:id:baitopoke:20181003163437p:plainならどうなるんだろう。

 ゴーストタイプで、特性きもったま以外の「ねこだまし」は無効ってのは強そうだなあ。いかくを当てられても攻撃力が損なわれないのもいい感じ。

 あとは雑にイベルタルガオガエン等の「はたきおとす」、ルナアーラの「シャドーレイ」とかに気を付ければ「トリックルーム」要員としては優秀なんじゃないかな。

・というわけで悪タイプを止めるため「ねこだまし」要員としてガオガエンf:id:baitopoke:20180828215020p:plainを採用。さらにイベルタルルナアーラ対策としてカプ・コケコf:id:baitopoke:20180828215011p:plainを採用(後述)。

・相手のカイオーガやゼルネアスへの打点もっとほしいし、トリックルーム下でのアタッカーとしてナットレイf:id:baitopoke:20181003163548p:plainを採用しよう。

・初手のルナアーライベルタルガオガエンはなんとか対処できそうだけど、初手カイオーガがどうしようもないな。カイオーガを牽制できて、トリックルームが切れた後のアタッカー役にもなれるルンパッパf:id:baitopoke:20180924094940p:plainを採用しよう。

 

 

個別解説 

月食ネクロズマf:id:baitopoke:20181003163437p:plain

 特性:プリズムアーマー

 持ち物:メンタルハーブ

 性格:れいせい

 努力値:H244 B156 C108

 実数値:203-119-149-210-147-73(S個体値0)

 技:シャドーレイ フォトンゲイザー トリックルーム まもる

 

ネクロズマあかつきのつばさ。暁ネクロズマ

・「トリックルーム」を貼って、ガオガエンや最遅カイオーガナットレイと一緒に相手の頭数を減らしていくのが仕事。相手の「ねこだまし」や特性いかくが痛くないのは日食ネクロズマとの違いでしょうか。トリックルーム下でそれらに邪魔されずに、相手をゴリゴリ削ることができます。

・「シャドーレイ」「フォトンゲイザー」はメインウェポン。欲を言えばガオガエンイベルタルを削れる「パワージェム」もほしいけど、技スペースが足りないです。

・感触としては火力のあるクレセリア。特性プリズムアーマーのおかげで4倍弱点は実質3倍弱点ですし、弱点のゴーストタイプとあくタイプの技に気を付ければ、かなり長く場にとどまってくれました。

ルナアーラとの差別点としては、より火力が高い、大抵のガオガエンよりSが遅い、「フリーフォール」で持ち上げられないほど重い(350㎏)などがあります。日食ネクロズマとの差別点は上にも記したように、「ねこだまし」やいかくが痛くない、グラードンの「だんがいのつるぎ」のダメージを抑えられる点などがあげられるでしょうか。

 また、レート等であまり見かけないこともあり、相手に見たことのない、何をしてくるのかわからないという心理的圧力をかけた(?)こともあり、伝説ポケモンを1体しか選出されないなど、相手の選出を歪める効果もあったのかもしれません。

 ただし、あまりにレートで数が少なく、持ち物や技がPGL画面からバレてしまうという欠点もあったように思います。

 

f:id:baitopoke:20181202082907p:plain

 

・持ち物がエレキシードだった時期もありますが、化身トルネロスクロバット、カプ・コケコ、カプ・テテフ等の「ちょうはつ」、エルフーンの「アンコール」等の警戒からメンタルハーブを持たせました。おかげでこれらのポケモンの変化技に怯えることがなく、心理的に楽だった部分はありました。

・与ダメージ

フォトンゲイザー

→H252カイオーガ(H207D160)確定3発(75~88ダメージ)

→H252グラードン(H207D110)確定2発(109~129ダメージ)

→無振りカプ・コケコ(H145D95)低乱数1発(126~148ダメージ)

シャドーレイ

→無振りカプ・テテフ(H145D135)中乱数1発(132~156ダメージ)

→ H4カミツルギ(H135D52)確定1発(174~205ダメージ)

→H252D4日食ネクロズマ(H204D130)確定2発(103~123ダメージ)

・被ダメージ

 ようきカミツルギ(A233)の「はたきおとす」高乱数耐え(171~204ダメージ)

 A153以下のガオガエンの「はたきおとす」確定耐え(A157まで高乱数耐え)

 イベルタルの「イカサマ」高乱数耐え(174~207ダメージ)

 イベルタル(A183)の「ふいうち」高乱数1発(198~234ダメージ)

 イベルタル(C183)の「バークアウト」確定2発(117~138ダメージ)

 ひかえめカイオーガ(C222)のダブルダメ雨「しおふき」確定2発(144~171ダメージ)

 いじっぱりグラードンのダブルダメ「だんがいのつるぎ」確定3発(76~90ダメージ)

 ゆうかん日食ネクロズマ(A229)の「メテオドライブ」確定3発(63~78ダメージ)

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」低乱数1発(178~210ダメージ)

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「マジカルシャイン」確定2発(111~132ダメージ)

 

 

カイオーガf:id:baitopoke:20181003163521p:plain

 特性:あめふらし

 持ち物:パワーアンクル

 性格:れいせい

 努力値:H252 B4 C252

 実数値:207-115-111-222-160-85(S個体値0)

 技:しおふき ねっとう かみなり まもる

 

・実質Sは42。最遅42族(オニシズクモ)と同じすばやさです。 

トリックルーム中に相手の頭数を減らしていくにあたって、月食ネクロズマの攻撃範囲ではガオガエンの処理にとても時間がかかります。そのため、最遅カイオーガにパワー系アイテムを持たせて、ガオガエンの下を確実に取れるようにし、水技で一掃できるようにしました。制圧力と耐久が高くなるようにHCぶっぱ。

・持ち物のパワーアンクルは、パワー系アイテムの中で、持ち物が判明した時に一番相手を戸惑わせるができそうだと思って採用しました。

 対戦相手「この人カイオーガにSの努力値振りの途中で、道具を固定したのかな・・・?」

・「しおふき」はメインウェポン。「ねっとう」は体力が削れたときや相手の「ワイドガード」を警戒するときに打ちます。「かみなり」は相手のカイオーガイベルタルの処理を早めたいときに。後述するカプ・コケコが貼るエレキフィールドとの相性もバッチリです。

・天敵はナットレイモロバレルモロバレルエレキフィールドで誤魔化せますが、ナットレイの処理はガオガエンに任せましょう。 

・与ダメージ

ダブルダメ雨「しおふき」 

→しんちょうHD252ガオガエン確定1発(270~318ダメージ)

→無振りイベルタル(H201D118)中乱数1発(178~211ダメージ)

→H252D4日食ネクロズマ(H204D130)確定2発(160~190ダメージ)

→H4カミツルギ(H135D51)確定1発(207~243ダメージ)

→無振りカイオーガ(H175D160)確定3発(66~78ダメージ)

雨「ねっとう」(残りHP147から威力が「ねっとう」>ダブルダメ「しおふき」)

→しんちょうHD252ガオガエン高乱数1発(198~234ダメージ)

→無振りイベルタル(H201D118)確定2発(129~153ダメージ)

→H252D4日食ネクロズマ(H204D130)確定2発(118~139ダメージ)

「かみなり」 

→ H252カイオーガ(H207D160)確定2発(116~138ダメージ)

 エレキフィールドでも確定2発(172~204ダメージ)

→無振りイベルタル(H201D118)確定2発(158~186ダメージ)

 エレキフィールド下なら確定1発(234~276ダメージ)

→H4ルンパッパ(H156D120)高乱数2発(77~91ダメージ)

 エレキフィールド下でも確定2発(115~136ダメージ)

・被ダメージ

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」 確定2発(162~192)

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「マジカルシャイン」高乱数2発(102~121ダメージ) 

 ようきイベルタル(A183)の「ふいうち」確定3発(87~103ダメージ)

 くろいメガネ補正なら 高乱数2発(103~123ダメージ)

 ゆうかんナットレイ(A160)の「パワーウィップ」 中乱数1発(198~234ダメージ)

 なまいきモロバレル(C105)の「くさむずび」低乱数2発(90~108ダメージ)

 いじっぱりガオガエン(A183)の「はたきおとす」低乱数1発発(91~108ダメージ)

 おくびょうカプ・コケコ(C147)の「10まんボルト」確定2発(152~182ダメージ) 

 

 

ナットレイf:id:baitopoke:20181003163548p:plain

 特性:てつのトゲ

 持ち物:フィラのみ

 性格:ゆうかん

 努力値:H252 A252 D4

 実数値:181-160-151-×-137-22(S個体値0)

 技:パワーウィップ ジャイロボール みがわり まもる

 

・ふつうのHAナットレイ。たべのこしのHP回復量は1ターンにつき11。努力値調整については諸説ある気がします。「ジオコントロール」を積んだゼルネアスに押し負けるようではダメ。

・「みがわり」のHPは45。この技のおかげで詰め性能が上がる気がします。味方の「ねこだまし」の隙に、またはゼルネアスの「まもる」を読んだときに、弱点のほのお技や相手の「ねこだまし」を「みがわり」に受けてもらったり、相手のいかくを透かしたりと結構役に立ちました。

・みがわりに触れてもてつのトゲの効果は発生しなかったので、特性はきけんよちでもよいのかもしれません。ただ孵化厳選が面倒らしいです。

・与ダメージ

パワーウィップ

→H252B4カイオーガ(H207B111)中乱数1発(198~234ダメージ)

→H4ルンパッパ(H156B90)確定2発(120~142ダメージ)

→H252カプ・レヒレ(H177B135)中乱数2発(162~192ダメージ) 

「ジャイロボール」

→無振りゼルネアス(H201B115)確定1発(236~278ダメージ)

→無振りカプ・コケコ(H145B105)低乱数1発(129~153ダメージ)

→H252ドクロッグ(H190B85)確定2発(160~189ダメージ) 

・被ダメージ 

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」 確定2発(95~112ダメージ)

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「マジカルシャイン」高乱数3発(59~70ダメージ)

 いじっぱりドクロッグ(A173)の「けたぐり」確定2発(132~156ダメージ)

 おくびょうルナアーラ(C189)の「きあいだま」確定2発(124~148ダメージ)

 ひかえめカイオーガ(C222)のダブルダメ雨「しおふき」確定3発(76~90ダメージ)

 いじっぱりガオガエン(A183)の雨「フレアドライブ」低乱数1発(160~192ダメージ)

 

  

〇ルンパッパf:id:baitopoke:20180924094940p:plain

 特性:すいすい

 持ち物:おうじゃのしるし

 性格:おくびょう

 努力値:H4 C252 S252

 実数値:156-81-90-142-120-134

 技:ねっとう くさむすび なげつける ねこだまし

 

・普通のCSルンパ。同族勝負もあるので性格はおくびょう。おうじゃのしるしを投げつけて相手を怯ませることで、隣の月食ネクロズマが「トリックルーム」を貼るのを補助します。ほかにも相手がカイオーガを先発で出してきそうなときに投げたり、トリックルームが切れた後の掃除役として採用しています。

・与ダメージ

「ねっとう」

→H252ガオガエン確定2発(116~140ダメージ)

→H252ツンデツンデ確定2発(108~128ダメージ)

→無振りイベルタル確定4発(55~66ダメージ)

雨「ねっとう」

→H252ガオガエン低乱数1発(176~210ダメージ)

→H252ツンデツンデ高乱数1発(162~192ダメージ)

→無振りイベルタル確定3発(84~99ダメージ)

→H4ルナアーラ確定3発(76~91ダメージ)

くさむすび

→H252カイオーガ(H207D160)確定2発(120~144ダメージ)

→無振りゼルネアス(H201D118)確定3発(82~97ダメージ)

→H4ルンパッパ(H156D120)確定3発(54~64ダメージ)

  C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」確定1発(217~256ダメージ) 

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「マジカルシャイン」確定2発(111~132ダメージ)

 ようきイベルタル(A183)の「ふいうち」確定2発(108~127ダメージ)

 くろいメガネ補正でも確定2発(127~151ダメージ)

 いじっぱりガオガエン(A183)の「はたきおとす」確定2発(111~132ダメージ)

 いじっぱりガオガエン(A183)の「とんぼがえり」確定2発(108~128ダメージ)

 

 

〇カプ・コケコf:id:baitopoke:20180828215011p:plain

 特性:エレキメイカ

 持ち物:きあいのタスキ

 性格:おくびょう

 努力値:C252 D4 S252

 実数値:145-121-105-147-96-200

 技:10まんボルト くさむすび フリーフォール まもる

 

・普通のCS襷コケコ。対イベルタルルナアーラを担当。エレキフィールドを展開して催眠対策も担う。 

・「10まんボルト」はメインウェポン。「くさむすび」はグラードンや特性ひらいしんを隣においてのほほんとしているカイオーガを削る技。「フリーフォール」は相手のルナアーラガオガエンを持ち上げて、月食ネクロズマが「トリックルーム」を貼る際の補助に。

・色違いのプレシャスボールのおくびょう個体をアピールして、「フリーフォール」を持っていなさそうな(物理型ではないので)偽装をしていました。

・与ダメージ

エレキフィールド下「10まんボルト

→無振りゼルネアス(H201D118)高乱数2発(94~112ダメージ)

→無振りイベルタル(H201D118)中乱数1発(188~224ダメージ)

→H4ルンパッパ(H156D120)確定2発(93~111ダメージ)

→H4カミツルギ(H135D51)確定2発(110~129ダメージ)

→H252ガオガエン(H202D110)確定2発(102~121ダメージ)

くさむすび

→H252カイオーガ(H207D160)確定3発(84~100ダメージ)

→無振りグラードン(H175D110)確定2発(122~144ダメージ)

「フリーフォール」

→H252B4モロバレル(H221B91)低乱数3発(62~74ダメージ)

 

 

ガオガエンf:id:baitopoke:20180828215020p:plain

 特性:いかく

 持ち物:とつげきチョッキ

 性格:ゆうかん

 努力値:H252 A228 B28

 実数値:202-180-114-×-110-58(S個体値0)

 技:フレアドライブ はたきおとす とんぼがえり ねこだまし

 

・「トリックルーム」を貼った後にアタッカーの役割も担ってほしいので、性格はゆうかんでAに多めの努力値を振ってあります。

・「ねこだまし」や特性いかくで月食ネクロズマの「トリックルーム」を貼る際の補助をするのも仕事。 

・与ダメージ 

フレアドライブ

→H252B4モロバレル(H221B91)確定1発(270~318ダメージ)

 雨なら確定2発(134~158ダメージ)

→H252かんそうはだドクロッグ(H190B75)中乱数1発(178~211ダメージ)

 雨なら中乱数2発(88~125ダメージ)

→無振りグラードン(晴れ下)確定2発(115~136ダメージ)

→H4ルンパッパ低乱数1発(135~160ダメージ)

→無振りゼルネアス(H201B115)確定2発(106~126ダメージ)

→H252日食ネクロズマ(H204B147)確定2発(126~148ダメージ)

「はたきおとす」

→H252B4モロバレル(H221B91)高乱数2発(109~129ダメージ)

→無振りグラードン(H175B160)確定3発(63~75ダメージ)

→H252B4カイオーガ(H207B111)低乱数2発(90~106ダメージ)

→H4ルンパッパ(H156B90)確定2発(109~130ダメージ)

→H4ルナアーラ(H213B109)確定1発(364~432ダメージ)

 ファントムガード込みなら低乱数1発(182~216ダメージ)

→H4カプ・テテフ確定2発(103~123ダメージ)

→H252日食ネクロズマ高乱数2発(100~121ダメージ)

「とんぼがえり」

→H252B4モロバレル(H221B91)乱数4発(52~62ダメージ)

→H252ガオガエン(H202B110)乱数4発(44~52ダメージ)

・被ダメージ

 威嚇込みいじっぱりグラードン(A222)のダブルダメ「だんがいのつるぎ」高乱数耐え(172~203ダメージ)

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」(157~186ダメージ) 

 C2段階上昇おくびょうゼルネアス(C183)の「マジカルシャイン」高乱数2発(100~118ダメージ)

 ひかえめカプ・テテフ(C200)の「ムーンフォース」乱数3発(66~78ダメージ)

 ひかえめカイオーガ(C222)の雨「ねっとう」中乱数1発(186~218ダメージ)

 

 

選出

月食ネクロズマを先発、カイオーガを後発で選出することが多かったです。

・以下いろいろ書いてありますが、結局のところ柔軟に、相手に合わせて選出していくことが大事だと思います。

 

〇パターン①

・先発:月食ネクロズマ+カプ・コケコ

 後発:カイオーガガオガエンorナットレイ

・相手の手持ちにイベルタルルナアーラが見えたとき。 カプ・コケコの「10まんボルト」でイベルタル、「フリーフォール」でルナアーラを牽制する。

 

〇パターン② 

・先発:月食ネクロズマ+ルンパッパ

 後発:カイオーガナットレイorガオガエン

・相手の手持ちにカイオーガモロバレルカプ・テテフドクロッグが見えたとき。 相手の初手カイオーガ投げを警戒する。

 

〇パターン③

・先発:月食ネクロズマガオガエン

 後発:カイオーガナットレイorカプ・コケコ

・パターン①②以外。迷ったらだいたいこのパターンでいい。 

 

 

感想

月食ネクロズマはなんで数が少ないのかわからないくらい強かったです。使いこなせてあげられなかったのは使用者の責任です。ルナアーラZを持てるムーンルールではもっと強くなるかなあと考えています。

 

・サンシリーズはずっとカイオーガを軸にしてPTを組んできました。天候と上をとったときのカイオーガの場の制圧力は凄まじいものの、こだわりスカーフを持っていないカイオーガは初手で投げにくく、S操作で上を取って、後発から投げることが多かったです。そのため、場を整えたりS操作をするために初手から投げられる相方の伝説ポケモンをずっと模索してきました。月食ネクロズマはその条件に合致する面白いポケモンの1体だと考えています。

 

・INCでは、ゼルネアスとカイオーガを軸としたPTと当たることが多かったので、それらにはわりとすんなり勝つことができました。

 

・2日目に1713に到達するも、そこから連敗して、1600台後半から1700台前半をうろうろしていました。3日目の1700台との対戦にはすべて勝つことができたので、そこには満足しています。月食ネクロズマはやれる子だと思います!! 

 

 

QR

3ds.pokemon-gl.com

 

 

BV

 PGLのページあったものを適当に。

 

f:id:baitopoke:20181203110354p:plain

f:id:baitopoke:20181203110421p:plain

f:id:baitopoke:20181203110444p:plain