ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【VGC2019ムーン】カイオーガ+イベルタル【INC Feb.使用構築】

 

f:id:baitopoke:20190222180045p:plain

 

 イベルタルで盤面をコントロールしながら、カイオーガミミッキュを通す。

 

 

成績 

 TNすきやバイト

 42試合中28勝14敗(回線切れで1敗)でレート1700くらい

  

 

 

 

構築経緯

・最強なのでこだわりスカーフ持ってるカイオーガf:id:baitopoke:20181224132154p:plainをまずは採用しました。ドーブル+ゼルネアスを一方的に狩れるので、アマージョf:id:baitopoke:20190219210431p:plainも一緒に採用しました。カイオーガアマージョVSドーブル+ゼルネアスの並びで、「しおふき」+「フェイント」で大きなアドバンテージを稼ぐことができます。

 

・スカーフカイオーガに強く出るため、WCSレートやオフ会での環境で、遅めの固い性格ひかえめのゼルネアス、性格しんちょう等のHDグラードン、やたらと硬いとつげきチョッキ持ちイベルタルの増加などが見られています。

 

・フェアリータイプの早い物理アタッカーとしてのミミッキュf:id:baitopoke:20190211201110p:plainがこの環境に刺さっているのでは(後述の個別解説やダメージ計算参照)と考え、PTの軸に据えて考えてみました。ただし、ミミッキュはA種族値が90と低いことから、「つるぎのまい」を覚えさせ、専用のZを持たせてみました。

 

ミミッキュの特性ばけのかわを貫通できる「シャドーレイ」持ちルナアーラや、「メテオドライブ」持ちソルガレオの対策にイベルタルf:id:baitopoke:20181227095059p:plainを採用することにしました。このポケモンには流行りのとつげきチョッキを持たせてみました。この持ち物のおかげでゼルネアス相手にも強気に立ち回ることができます。

 

・GSルールにはガオガエンf:id:baitopoke:20181224132403p:plainが必須なので採用しました。特性いかくによる味方や自分の耐久底上げ、「ねこだまし」による相手の妨害、「フレアドライブ」での貴重な炎打点、「とんぼがえり」によるサイクル回し等々もはや説明不要の役割を担ってもらいました。

 

・ここまででかなりPTがまとまりましたが、キツいポケモンを挙げると、カプ・コケコ(グラードンと組んでいる)(とくに物理型)、ウツロイドグラードンと組んでいる)、ホウオウ(グラードンと組んでいる)、カプ・レヒレ等を考えたため、トゲデマルf:id:baitopoke:20181214222634p:plainを採用しました。本当はカプ・コケコ、ハリーセン、ルンパッパ等を試してみたのですが、トゲデマルが一番しっくりきた気がします。

 

・催眠技を持っているドーブルモロバレル、すいすいルンパッパ等は立ち回りでカバーしていきます。

 

 

 

個別解説

カイオーガf:id:baitopoke:20181224132154p:plain

 特性:あめふらし

 持ち物:こだわりスカーフ

 性格:ひかえめ

 努力値:B4 C252 S252

 実数値:175-×-111-222-160-142

 技:しおふき こんげんのはどう かみなり れいとうビーム

 

・普通のスカーフカイオーガ。初手に出して相手に大打撃を与えたり、後発から締めていく役割を担ってもらいました。

・技はテンプレ。「かみなり」を選択するときは、隣にトゲデマルがいない状況を作ってからにしましょう。「れいとうビーム」は「ねっとう」や「ハイドロポンプ」との選択ですが、晴れグラードンモロバレル、ジガルデを安定して削れる技として採用しました。しかし、大会では何度か「ワイドガード」持ちツンデツンデにひどい目に遭わされたので、「れいとうビーム」の枠は諸説あるといったところでしょうか。

 

・被ダメージ

 いじっぱりグラードン(A222)のダブルダメ「だんがいのつるぎ」確定2発(102~120ダメージ)

 おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」高乱数2発(82~97ダメージ)

  同上の「マジカルシャイン」低乱数3発(51~61ダメージ)

  同上のC2↑の「ムーンフォース」 高乱数1発(162~192ダメージ)

  同上のC2↑の「マジカルシャイン」確定2発(102~121ダメージ)

  同上のC1↑の「ムーンフォース」 確定2発(121~144ダメージ)

  同上のC1↑の「マジカルシャイン」低乱数2発(76~91ダメージ)

 ゆうかんナットレイ(A160)の「パワーウィップ」確定1発(198~234ダメージ)

 なまいきモロバレル(C105)の「くさむずび」確定2発(90~108ダメージ)

 いじっぱりガオガエン(A183)の「はたきおとす」確定2発(91~108ダメージ)

 カプ・コケコ(C147、エレキフィールド込み)の「10まんボルト」確定2発(140~168ダメージ)

 A1↓カミツルギ(A233)の「リーフブレード」確定2発(144~170ダメージ) 

 

・与ダメージ

 ダブルダメ雨「しおふき」

 →ガオガエン(H202D154)確定1発(270~318ダメージ)

 →ゼルネアス(H201D118)中乱数1発(178~211ダメージ)

 →日食ネクロズマ(H204D130)確定2発(160~190ダメージ)

 →H4カミツルギ(H135D51)確定1発(207~243ダメージ)

 →無振りカイオーガ(H175D160)確定3発(66~78ダメージ)

 

 雨「こんげんのはどう

 (残りHP128以下で威力が「こんげんのはどう」>ダブルダメ「しおふき」)

 →ガオガエン(H202D154)高乱数1発(198~234ダメージ)

 →ゼルネアス(H202D118)確定2発(121~144ダメージ)

 →日食ネクロズマ(H204D130)確定2発(118~141ダメージ)

 

 「かみなり」

 →カイオーガ(H207D160)確定2発(116~138ダメージ)

  エレキフィールドでも確定2発(172~204ダメージ)

 →イベルタル(H201D118)確定2発(158~186ダメージ)

  エレキフィールド下なら確定1発(234~276ダメージ)

 →ルンパッパ(H156D120)高乱数2発(77~91ダメージ)

  エレキフィールド下でも確定2発(115~136ダメージ)

 →カプ・レヒレ(H175D150)確定2発(124~146ダメージ)

 

 「れいとうビーム

 →モロバレル(H221D145)高乱数2発(104~124ダメージ)

 →グラードン(H207D156)高乱数2発(98~116ダメージ)

 →アマージョ(H179D118)確定2発(128~152ダメージ)

 

 

 

イベルタルf:id:baitopoke:20181227095059p:plain

 特性:ダークオーラ

 持ち物:とつげきチョッキ

 性格:おくびょう

 努力値:B4 D252 S252

 実数値:201-135-116-151-150-166

 技:バークアウト デスウイング イカサマ ふいうち

 

・チョッキDSイベルタル。S99族のこいつで97族のルナアーラソルガレオも睨みたいので最速。場に居座り続けて相手の妨害をするのが仕事であり、居座り性能を上げる「デスウイング」の火力を下げたくなかったので、性格はおくびょうを選択しました。ダメージ計算を見ていただければわかるように、意外と「ふいうち」の火力は十分あります。あとHPに努力値を振らなかったため、「デスウイング」の回復効率がとてもよいです。

・Dに努力値を振ったおかげで、ゼルネアスは同速勝負に勝って「バークアウト」を入れてしまえば、隣のポケモンと合わせてかなり見ていけます。天敵はデンキZカプ・コケコ。特殊型も物理型にも押し負けてしまうため、特性ひらいしんトゲデマルで電気技を止めたり、スカーフカイオーガでうまく仕留める必要があります。

・「イカサマ」はソルガレオや日食ネクロズマグラードンカイオーガに打っていました。味方のガオガエンのいかくによる与ダメージ変化に注意すること。

 

・被ダメージ

 おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」確定2発(116~140ダメージ)

  同上のダブルダメ「マジカルシャイン」確定3発(72~86ダメージ)

  同上のC1↑の「ムーンフォース」高乱数1発耐え(174~206ダメージ)

  同上のC1↑のダブルダメ「マジカルシャイン」確定2発(108~128ダメージ)

  同上のC2↑の「ムーンフォース」確定1発(234~276ダメージ)

  同上のC2↑のダブルダメ「マジカルシャイン」確定2発(146~174ダメージ)

 ひかえめカイオーガ(C222)のダブルダメ雨「しおふき」高乱数2発(94~112ダメージ)

  おくびょう(C202)なら低乱数2発(87~103ダメージ)

 ガオガエン(A136)の「フレアドライブ」確定3発(79~94ダメージ)

 カプ・コケコ(C147、エレキフィールド込み)の「10まんボルト」確定2発(102~120ダメージ)

  同上の「かみなり」確定2発(122~146ダメージ)

  同上のZ「10まんボルト」高乱数1発(194~230ダメージ)

  同上のZ「かみなり」確定1発(204~242ダメージ)

 カプ・コケコ(A167,エレキフィールド込み)の「ワイルドボルト」(218~260ダメージ)

  A1↓なら確定2発(146~174ダメージ)

 

・与ダメージ

 ダブルダメ「バークアウト」

 →ゼルネアス(H202D118)乱数9発(20~24ダメージ)

 →カイオーガ(H175D160)乱数5発(30~36ダメージ)

 →グラードン(H175D110)乱数4発(42~51ダメージ)

  HD特化(H207D156)なら乱数6発(31~37ダメージ)

 →ルナアーラ(H213D127)確定2発(148~180ダメージ)

  ファントムガード込みなら確定3発(74~90ダメージ)

 

 「ふいうち」

 →ゼルネアス(H202B115)乱数6発(31~37ダメージ)

 →カイオーガ(H175B111)確定3発(64~76ダメージ)

 →グラードン(H207D161)乱数4発(45~54ダメージ)

 →ルナアーラ(H213B109)確定1発(264~312ダメージ)

  ファントムガード込みなら確定2発(132~156ダメージ)

 

 「デスウイング

 →ゼルネアス(H202D118)乱数3発(58~70ダメージ)

 →カイオーガ(H175D160)乱数4発(43~52ダメージ)

 →グラードン(H175D110)確定3発(63~75ダメージ)

  HD特化(H207D156)なら乱数4発(45~54ダメージ)

 →モロバレル(H221D145)低乱数2発(96~114ダメージ)

 →ガオガエン(H200D154)乱数4発(45~54ダメージ)

 →ルンパッパ(H156D120)確定2発(116~138ダメージ)

 

 「イカサマ」

 →ルナアーラ(H213A106B109)確定1発(276~328ダメージ)

  ファントムガード込みで確定2発(138~164ダメージ)

 →ソルガレオ(H213A189B127)高乱数1発(212~252ダメージ)

 →グラードン(H175A222B160)確定2発(99~117ダメージ)

  H振りA無振り(H207A170B160)なら確定3発(76~90ダメージ)

 →カイオーガ(H175A94B111)確定3発(60~72ダメージ)

 →ガオガエン(H200A136B111)低乱数4発(43~51ダメージ)

 

 

 

ミミッキュf:id:baitopoke:20190211201110p:plain

 特性:ばけのかわ

 持ち物:ミミッキュZ

 性格:いじっぱり

 努力値:H4 A244 B4 D4 S252

 実数値:131-155-101-×-127-148

 技:じゃれつく かげうち つるぎのまい まもる

 

・このPTの裏エース。足の早い物理フェアリーアタッカーがスカーフカイオーガ以外の伝説ポケモンたちに強いと思い採用しました。ただしガオガエンのいかくが飛び交う環境であり、A種族値90を補うために「つるぎのまい」を搭載しました。

・「じゃれつく」はフェアリーオーラの乗った「ぽかぼかフレンドタイム」でいい乱数でゼルネアスを倒せるために採用しています。「かげうち」は「ぽかぼかフレンドタイム」やカイオーガの「しおふき」で刈り取れなかった際、ルナアーライベルタルの悪技を合わせて仕留める際に役に立ちます。

・「まもる」はこのPTに「まもる」持ちが他にいないこと、ばけのかわを剝がすために集中攻撃されること、エース運用して大事に扱いたいことから採用しています。

・欠点としては「つるぎのまい」やZを切らないと火力がないところでしょうか。素の「じゃれつく」や「かげうち」では火力が足りません。味方の「ねこだまし」やイベルタルカイオーガでの介護が必要になります。

・ばけのかわの登場時からみがわり状態というのは、とても便利な特性でした。相手の積んだゼルネアスの攻撃を受けて返しのZ技で仕留めたり、相手のZ技を受けてもらったり。天敵はルナアーラソルガレオはもちろんですが、レシラムやゼクロムの攻撃もばけのかわを貫通するので注意が必要でした。

 

・被ダメージ(ばけのかわが剥げた後)

 いじっぱりグラードン(A222)のダブルダメ「だんがいのつるぎ」高乱数耐え(111~132ダメージ)

 おくびょうカイオーガ(C202)のダブルダメ雨「こんげんのはどう」高乱数耐え(111~132ダメージ)

 ひかえめカイオーガ(C222)のC1↓ダブルダメ雨「しおふき」高乱数耐え(111~132ダメージ)

 おくびょうルナアーラ(C189)のC1↓ 「シャドーレイ」高乱数耐え(116~138ダメージ)

 おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」確定2発(103~123ダメージ)

  ひかえめ(C201)なら低乱数1発(114~135ダメージ)

  C1↑なら確定1発(154~183ダメージ)

  同上のダブルダメ「マジカルシャイン」確定2発(66~78ダメージ)

  C1↑でも確定2発(97~115ダメージ)

   ひかえめ(C201)でも確定2発(108~127ダメージ)

 

・与ダメージ

 「ぽかぼかフレンドタイム」(威力190)

 →グラードン(H207B161)高乱数2発(103~123ダメージ)

  A+2で高乱数1発(205~243ダメージ)

 →ゼルネアス(H202B115)中高乱数1発(192~226ダメージ)

  A+1で確定1発

 →イベルタル(H233B116)確定1発(288~338ダメージ)

 →ガオガエン(H200B130)確定2発(150~177ダメージ)

  A+1で確定1発(223~264ダメージ)

 →カイオーガ(H175B111)低乱数1発(150~177ダメージ)

 →カプ・コケコ(H177B116)中乱数1発(157~186ダメージ)

 →ジガルデ50%フォルム(H215B142)確定1発(236~278ダメージ)

 

 「じゃれつく」

 →カイオーガ(H175B111)確定3発(72~85ダメージ)

 →グラードン(H207B161)乱数4発(51~60ダメージ)

 →ゼルネアス(H202B115)中乱数2発(91~108ダメージ)

  A1↑で確定2発(135~160ダメージ)

 →イベルタル(H233B115)確定2発(138~164ダメージ)

  A1↑で低乱数1発(204~242ダメージ)

 

「かげうち」

 →カイオーガ(H175B111)乱数5発(33~39ダメージ)

 →グラードン(H207B161)乱数8発(22~27ダメージ)

 →ルナアーラ(H213B109)確定2発(132~160ダメージ)

 →ゼルネアス(H202B115)乱数6発(31~37ダメージ)

 

 

 

アマージョf:id:baitopoke:20181209125542p:plain

 特性:じょおうのいげん

 持ち物:オボンのみ

 性格:いじっぱり

 努力値:H228 A252 B4 D12 S12

 実数値:176-189-119-×-120-94

 技:パワーウィップ とびひざげり てだすけ フェイント

 

・H:4n。Aぶっぱ。Sは同族意識

・オボンのみは、カイオーガのダブルダメ雨「しおふき」をちょうど2回耐えられる、「とびひざげり」を外した時に体力を回復できるように持たせました。

 

・技はGSテンプレの4つで完結していると思っています。耐久は無振りメガガルーラより少し柔らかい程度なので「まもる」がなくても、いろんな攻撃を耐えると信じて、ガンガン動いたほうが吉と出た気がします。

 

・被ダメージ

 ひかえめカイオーガ(C222)ダブルダメ雨「しおふき」確定2発(88~104ダメージ)

  オボンのみ込みで確定3発

 同上の「れいとうビーム」確定2発(126~150ダメージ)

  オボンのみ込みでも確定2発

 いじっぱりグラードン(A222)ダブルダメ「だんがいのつるぎ」確定4発(46~55ダメージ)

 同上の晴れ「ほのおのパンチ」中乱数1発(158~188ダメージ)

 おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」確定2発(109~129ダメージ)

  同上のC1↑「ムーンフォース」中乱数1発(162~192ダメージ)

  同上のダブルダメ「マジカルシャイン」確定3発(69~82ダメージ)

  同上のC1↑「マジカルシャイン」確定2発(102~121ダメージ)

  同上のC2↑「マジカルシャイン」確定2発(136~162ダメージ) 

 おくびょうイベルタル(C183)の「デスウイング」確定2発(138~164ダメージ)

 おくびょうルナアーラ(C189)の「シャドーレイ」確定2発(90~106ダメージ)

  同上の「ムーンライトブラスター」確定1発(178~210ダメージ)

 

・与ダメージ

 「パワーウィップ

 →カイオーガ(H175B111)確定1発(230~272ダメージ)

 →グラードン(H207B161)確定2発(158~188ダメージ)

 →ぜルネアス(H202B115)確定2発(111~132ダメージ)

 →ルナアーラ(H213B109)確定2発(118~139ダメージ)

  ファントムガード込みなら確定4発(59~69ダメージ)

 

 「フェイント」

 →カイオーガ(H175B111)乱数8発(20~24ダメージ)

 →グラードン(H207B161)乱数13発(14~17ダメージ)

 →ゼルネアス(H202B115)乱数9発(19~23ダメージ)

 

とびひざげり

 →イベルタル(H202B115)確定3発(81~96ダメージ)

 →ツンデツンデ(H168B231)高乱数1発(160~192ダメージ)

 →ガオガエン(H200B111)確定2発(168~198ダメージ)

  威嚇入っても確定2発(112~132ダメージ)

 

 

 

ガオガエンf:id:baitopoke:20181205134023p:plain

 特性:いかく

 持ち物:フィラのみ

 性格:わんぱく

 努力値:H236 A4 B108 D132 S28

 実数値:200-136-136-90-127-84

 技:フレアドライブ とんぼがえり ねこだまし ほえる

 

・PTの潤滑油。困ったらとりあえず選出しておく。

・「ほえる」で相手の積んだゼルネアスや「トリックルーム」を見ていく。イベルタルの「バークアウト」を当てる想定をしているので、C1段階上昇「ムーンフォース」耐えまでDに努力値を振り、残りをBに振っています。Sのラインは諸説あります。

 

・被ダメージ

 おくびょうゼルネアス(C183)の「ムーンフォース」確定2発(102~121ダメージ)

  同上の「マジカルシャイン」高乱数3発(66~78ダメージ)

  同上のC1↑の「ムーンフォース」確定耐え(153~181ダメージ)

  同上のC1↑のダブルダメ「マジカルシャイン」高乱数2発(96~114ダメージ)

 ひかえめゼルネアス(C201)の「ムーンフォース」確定2発(112~133ダメージ)

  同上のC1↑の「ムーンフォース」確定2発(169~199ダメージ)

  同上のC1↑のダブルダメ「マジカルシャイン」確定2発(106~126ダメージ)

  同上のC2↑のダブルダメ「マジカルシャイン」確定2発(142~168ダメージ)

 いじっぱりグラードン(A222)のダブルダメ「だんがいのつるぎ」確定2発(168~198ダメージ)

 無振りグラードン(A170)のダブルダメ「だんがいのつるぎ」確定2発(128~152ダメージ)

 おくびょうルナアーラ(C189)の「ムーンライトブラスター」確定3発(84~99ダメージ)

  同上の「シャドーレイ」低乱数4発(42~50ダメージ)

 

・与ダメージ

フレアドライブ

 →ゼルネアス(H202B115)確定3発(81~96ダメージ)

 →グラードン(H207B161)確定3発(87~103ダメージ)(晴れ下)

 →モロバレル(H221B91)中乱数1発(204~240ダメージ)

 →ルナアーラ(H213B109)確定3発(84~100ダメージ)

 

 

 

トゲデマルf:id:baitopoke:20181214222634p:plain

 特性:ひらいしん

 持ち物:きあいのタスキ

 性格:ようき

 努力値:H4 A252 S252

 実数値:141‐150‐83‐×‐93‐161

 技:ねこだまし ほっぺすりすり アイアンヘッド とんぼがえり

 

・かわいい。ミミッキュアマージョと並んでこのPTのマスコット枠。

・力尽きたので簡単に。ひらいしんが本体。4つの技全部使いました。きあいのタスキも含めて大事に扱いましょう。

 

 

感想とか 

ミミッキュとトデゲマルが並んでいるとかわいい。

・WCSレートには潜ったけど、1700に到達するのがやっとでした。ネット大会でも同じような結果になったのが悲しかったです。

・いろんな伝説ポケモンに触ったけど、グラードン+ゼルネアスかカイオーガイベルタルの組みあわせが自分に合っていたと感じたので、どちらかを採用しようと決めていました。環境的にグラゼルネはメタが進んでいることから、オーガイベルを選択しました。 

・ウルトラルールこそは頑張りたいところです・・・!

 

 

BV置き場

f:id:baitopoke:20190305152557p:plain

f:id:baitopoke:20190305152621p:plain

f:id:baitopoke:20190305152642p:plain

f:id:baitopoke:20190305152708p:plain

f:id:baitopoke:20190305152733p:plain

f:id:baitopoke:20190305152759p:plain