ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【20代後半男性】婚活イベントに初めて参加した話【ひろしま出会いサポートセンター】

 

 結婚したい。

 

 

 こんにちは。バイトぽけです。 

 

 もう20代後半で、そろそろ結婚したい年齢だなあ…。

 

 というわけで、婚活イベントに生まれて初めて参加してきました。

 

 今までマッチングアプリ等を使って、彼女やお嫁さんを探そうとしたものの、残念ながら結果は散々なものでした(過去記事参照:タップルでねずみ講に出会った話です)。

 

 しかしながら、今回参加するのは「ひろしま出会いサポートセンター」が主催する婚活イベントです!!

 この「ひろしま出会いサポートセンター」は広島県子育て・少子化対策課内にあり、広島県自らが出会いをサポートしてくれるらしいです!!

 

 これは安全安心!!

 こんな素敵な企画やっていたなんて知らなかったよ!!

 なんで誰も教えてくれなかったの!!

 (一応「広島県 婚活」でGoogle検索をすると、1ページ目に出てくる) 

 

 

〇こいのわカフェ

 ホームページによると、こいのわカフェとは、ひろしま出会いサポートセンターに協力して婚活イベントの場所を提供しているお店だそうです。小規模な出会いイベントを主催し、そこではお店独自のアイデア等を活かせるのだとか。

 

www.hirosapo.jp

 

 

ボードゲームカフェCOAST

 300種類以上のボードゲームを取り揃えており、それらで遊べることを売りにしているそうです。

 今回の婚活イベントでは、オーナー選りすぐりのゲームで遊びながら、参加者同士が仲良くなれるそうです。

 なんか楽しそう!!

 いつか婚活イベント抜きにして遊びに行きたいです!!

 

www.coast-bgcafe.com

 

 

〇イベント事前情報

・場所:ボードゲームカフェCOAST

 

・日時:2020年2月10日(月)19時半~21時半

 次の日は建国記念日で祝日でした。

 

・参加費:男女ともに2500円

 婚活パーティについて書いてある某ブログ記事によると、「女性の参加費が高いほど、参加者の本気度は増す」らしいです。

 

・イベント内容:「1対1トークタイム、フリータイム、マッチング、カップル発表」との表記

 一般的な婚活イベントと流れは一緒?…なのでしょうか?

 初参加なのでよくわかりません!

 

・軽食とフリードリンク付き(アルコールなし)

 

・ゲーム好きが集まるらしいです。自分はポケモンが好きなので、ゲームをする男性に理解がある女性がいいなあ、と漠然と思っていました。

 

f:id:baitopoke:20200211195322p:plain



www.hirosapo.jp

 

 

〇ぼくのスペック

・男性、年齢:20代後半、オタク

・身長163㎝、体重???㎏

・職業:大学生

 

 

〇イベント始まる前に

・イベント会場のCOASTには10分前には来るようにという注意書きがあったので、20分前に到着しました。早すぎたかなあと思っていましたが、4割くらいの方はすでにいらっしゃっていました。

 

・早く来たので他の参加者たちとテーブル席でおしゃべりしていました。ボドゲカフェ常連の女性も同じテーブル席におり、どんなボードゲームが面白いかとか、普段のお店の雰囲気なんかをお聞きしました。

 

・説明が始まるまでの間、プロフィールカードやらの記入をしました。

 

f:id:baitopoke:20200211202911p:plain

 

 ニックネーム:下の本名をカタカナで

 年齢:本当の年齢(20歳代後半なのは本当)

 お仕事:大学生(大学名、学部も)

 趣味:カフェ、サイクリング、ゲーム(ポケモン

 喫煙:しない

 アルコール:普通

 結婚歴:なし

 こども:なし

 参加動機:ゲームが好きな女性と仲良くなりたい!

 

 以上のように記しました。

 このカードを首からヒモで名札のようにぶら下げていました。

 

f:id:baitopoke:20200211203015p:plain

 

 これはメモ。あまり使わなかったです。

 

f:id:baitopoke:20200211203125p:plain

 

 このアプローチカードは最後の1対1トークタイムの際に渡します。

 店内での連絡先の交換は、このカードを使ってのみ行ってくださいとのアナウンスがありました。

 連絡先(電話番号、メアド、LINEのID)を書きました。

 1人3枚です。

 

 

〇イベント開始

・イベントは予定通り19:30にスタートしました。参加者は男:女=14人:14人。対戦よろしくお願いします。

 店内は結構混雑しているという印象を受けました。実は自分が1度抽選で補欠に回っており、繰り上げ参加になったという経緯があります。人気イベントなのかもしれません。

 

・最初にこのイベントの運営の方々から、今回のイベントの流れについての話がありました。その中の一人は、こいのわカフェのイベントで夫と出会ったそうです。参加者からどよめきが上がりました。

 

・最初の店内の様子は下の図の通りです。棚にはたくさんの種類のボードゲームがありました。赤丸は女性、青丸は男性の席です。3:3だったり2:2だったりで、なんだかトリプルバトルダブルバトルの図みたいですね。

 

f:id:baitopoke:20200212045248p:plain

 

 

〇1対1トークタイム

・イベントの最初は「1対1トークタイム」です。テーブル席の目の前にいる男女でペアになり、45秒(短い!!)おしゃべりをします。

 そして15秒くらいのインターバルで男性が隣に移ります。

 それを1周するまで繰り返しました。

 

・45秒という時間がとても短いのがネックでした。自己紹介カードをお互いに交換しておしゃべりをするのですが、年齢、職業、趣味についてしゃべるだけで精一杯だったように思います。お互いの第1印象を確認して時間切れという感じでした。

 

・ゲーム好きが集まるということもあり、「趣味:ゲーム(ポケモン)」と表記したのは間違っていなかったように思います。ポケモンソード・シールドを買ったよ~と言ってくれたり、御三家は決めてるんですか?と質問してくれた女性もいました。その女性とはインテレオンが強いらしいという話もしたけど、時間が無く深い話はできませんでした。

 逆にサイクリングにはほとんど食いついてもらえませんでした。別の婚活イベントなら違う反応が得られるのかもしれません。

 

 

〇軽食タイム

・さて1対1トークタイムが終わり、1周して最初のテーブル席に帰ってきました。ここで軽食タイムです。男女交互の席になるように席替えをしました。

 

・メニューは、ペットボトルのウーロン茶とALOFTのサンドイッチのオードブルでした。みんなでワイワイしながら食べました。

 

 

〇フリータイム(ボードゲームタイム)

・5つのテーブルにそれぞれ1つずつボードゲームが配られました。ここからはフリータイムが1時間ほどありました。そのフリータイムは3分割され、1つの時間で1つのボードゲームを遊べるという形式でした。席替えはボドゲを変えるタイミングのみ。男女比はテーブルごとに均等になってね、というアナウンスもありました。

 つまりこのフリータイムでは、より多くの女性とお近づきになる、またはターゲットの女性を絞って仲良くなる、やってみたいボドゲの趣味が合う女性と仲良くなる等の戦略が求められるような気がしました。

 

ボドゲの種類は5つで、「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ」「はぁって言うゲーム」「テレストレーション」等でした(あと2つは忘れちゃったテヘペロ)。5つとも店主さんのおオススメで、知らない人たちとも仲良くなれそうなものに思えました。詳しい説明はこの記事では省きます。興味のある人は調べてみて下さい。

 

・最初に自分が遊んだボドゲは「テレストレーション」でした。男女比は3:3。簡単に言うとお絵描きや文字を使った伝言ゲームです。自分はお絵描きが好きなので、最初はこれがやりたかったです。女性メンバーには、最初のテーブルで一緒だったボドゲカフェの常連の女性、そして第1印象でもう少し仲良くなりたいと思っていた別の女性がいてラッキーだったと思いました。かなり楽しく遊べたと感じました。

 

・2番目に遊んだボドゲは「はぁって言うゲーム」でした。やはり男女比は3:3。これは演技力と発想力が試されるゲームでした。 女性メンバーには、「テレストレーション」で一緒だった仲良くなりたかった女性、そしてポケモンのインテレオンのお話ができた女性がいました。このゲームもとても楽しく遊べました。

 

・最後に遊んだボドゲの名前は忘れました(えっ)。イットだったっけ?ググっても出てこないので諦めました…。これも男女比は3:3。価値観と発想力が試されるゲームだった気がします。女性メンバーにはインテレオンのお話ができた女性がいました。これもすごく楽しく、一体感のあるゲームができました。

 

 

〇1対1トークタイム②

・最終局面です。この1対1トークタイムでは、最初と同じように45秒ずつおしゃべりして、グルグル1周するのですが、あらかじめ渡されていた3枚の自分の連絡先カードを、それぞれ気になる異性に渡すことができます。

 

・自分はいろいろ迷ったのですが、心の中で3人の女性を決め、自分の連絡先カードを渡しました。大体の予想はつくと思いますが、その3人の女性とは、最初のテーブルで一緒だったCOASTの常連の女性、1番目と2番目のボドゲで一緒に遊んだ女性、2番目と3番目のボドゲで一緒に遊んだ女性(インテレオンの話をした女性)でした。

 

・しかしながら自分が女性から手渡された連絡先カードは0枚でした…。

 

 

・これで今日の婚活イベントは終了です…。お疲れさまでした…。

 なにがいけなかったんでしょうねぇ…。 

 

 

〇店外編

・悲しい気持ちでお店の外に出ました…。時刻は21時半。まっすぐ家路につくか、それともどこかでなにか食べてから帰ろうかなあ、とCOASTから少し離れた場所で逡巡していました。そのときに3番目のゲームで一緒に遊んだ別の女性とすれ違いました。「「おつかれさまです~」」

 

・そのときは普通にすれ違いました。すれ違った後、ふと後ろを振り返るとお店の前でなにやら男性たちが、お店から出てくる女性たちに声を掛けているようでした。「なんだろう?」と思ったのですが、連絡先交換をしているのでは?という予想をしました。そういえば店外での連絡先交換は禁じられていなかったわね…。ぼくは走り出しました。

 

・ぼくは走って、さきほどすれ違った女性に追いつきました。「〇〇さん!!」なんと奇跡的にぼくはその女性の名前を覚えていたようです。

 「あの!先ほどは連絡先を渡せなかったのですが!よかったら交換してもらえませんか!!」

 

 「いいですよ。LINEのIDでいいですか?」

 

 なんと店外にて一人の女性と連絡先交換に成功してしまいました。

 

 

メイドカフェにて

・さて思いがけず女性のLINEのIDを手にしてしまったので、落ち着いて連絡先を打ち込み、送るメッセージを考える場所を探す必要がありました。ぼくは久しぶりにグランクール(注:ぼくがたまに国試前に行っていたメイドカフェ)にご帰宅することにしました。

 

メイドさんたちに、まず国試おつかれさま~ってねぎらってもらいました。実は婚活イベントの前日の国家試験のために、お酒とメイドカフェへのご帰宅をかなり長い期間ガマンしていたのです。

 

 

・ここでメイドさんたちに事情を説明し、LINEのメッセージを一緒に考えてもらい、さっそく送ってみました。こういうやり取りは男同士で考えるより、女性の力を借りる方がいい気がします、なんとなく。

 そして、LINEのアイコンがかわいい犬だったので、それを足掛かりに動物の話を進め、市内のねこカフェ行くことが決定しました。LINEの文章を一緒に考えてくれたメイドさんたちに感謝します。

 

 

 

〇今

・自分が連絡先カードを渡した女性たちからは、いまだにメールも電話もLINEもありません。ぼくの連絡先カードはゴミ箱に捨てられているのかもしれません…。

 

・店外で連絡先を交換するという裏ワザ?を駆使してですが、なんとかデートにこぎつけました。頑張ってきます。

 

 

 いかがだったでしょうか?

 ここまでお読みいただきありがとうございました。

 ぼくの婚活が今後どうなっていくのか、これからもぜひ見守っていてください。