読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【シングルSM】カントー×アローラ大会使用PT【28勝7敗最終1779】

シングル ネット公式大会 サン・ムーン

 

 3/18~20に開催されたインターネット大会「カントー×アローラ」に参加しました。「カローラ」と略す人もいるらしい(?)

 この前のびぶおふでやったシングルが結構楽しかったこと、アローラダブルでも使えそうな未開拓ポケモンの調査をしたかったこと、第6世代から何匹か使ってみたいポケモンを輸送したこと、ピジョットナイトとハガネールナイトをもらえることから参加しました。

 シングルの環境はあまりわからないけど、意外と勝てて嬉しかったので記事にしておきます。

 

<ルール>

・シングルバトル

全国図鑑1~149までのポケモンカントー地方ポケモン)またはアローラ図鑑に載っているポケモンが使用可能(ただし伝説ポケモンは除く)

・メガストーン禁止 

・1日15戦まで、全45戦。その日余った対戦数は次の日に持ち越し可能。

 ・持ち時間制10分。

 

 

<PTのメンツ>

戦績:35戦中28勝7敗 最終レート1779

f:id:baitopoke:20170320073910p:plain

・カプ・コケコ 臆病CS

パルシェン  意地AぶっぱS調整

ガブリアス  陽気AS

ハッサム   意地HAベース

・ポリゴン2  控え目HCベース

・ゲンガー   臆病CS

 

 使用ポケモンのメンツはかなりスタンダードなもの。コンセプトとしては上から殴るといったところでしょうか。技構成や持ち物に若干の地雷を仕込むというスタンス。

 

 

<個別解説>

○カプ・コケコ@電気Z

 [臆病H4C252S252]

 146-×-105-147-95-200

 10万ボルト ボルトチェンジ めざめるパワー氷 マジカルシャイン

 

・CSぶっぱ。テンプレ技構成。

・電気Zが読まれづらかったです。悠長に突っ立っている体力満タンのテッカグヤとか、こいつの前で小さくなったベトベトンをわからせるのが気持ちよかったです。

 

 

パルシェン@王者の印

 [意地H76A252B4D4S172]

 135-161-201-×-66-112

 氷柱針 ロックブラスト 氷の礫 殻を破る

 

・Aぶっぱ。Sを殻を破った後最速フェローチェ抜きに設定。残り耐久。

・見せ合い画面でこいつの起点にできそうなポケモンガブリアスとかギャラドスとか)がいるか、そしてこいつで全抜きできるかを見極めるのが大事。選出できなくても相手の選出誘導をするのも仕事のひとつ(だと思います)。

 

 

ガブリアス@拘りスカーフ

 [陽気A252D4S252]

 183-182-115-×-106-169

 地震 逆鱗 炎の牙 岩雪崩

 

・ASぶっぱ。この大会絶対多いと予想したので陽気拘りスカーフ持ち。

・初手に出して荒らしたり、「地震」や「逆鱗」の一貫性を作って締めるのが仕事。

・「炎の牙」はテッカグヤカミツルギへの打点として入れました。でもシングルのテッカグヤは防御に結構厚い個体も多く、あまり火力が出なかったのが残念。

・教え技の無い第7世代産とバレるウルトラボール個体を使うべきではなかったかもしれません。

  

 

ハッサム@突撃チョッキ

 [意地H236A252B4D4S12]

 175-200-121-×-101-87

 バレットパンチ 蜻蛉返り 叩き落とす 電光石火

 

・カプ・コケコの「ボルトチェンジ」との相性もよかったです。アローラベトベトンにわりと強めに出られるのはいい感じ。

・突撃チョッキのおかげでデンジュモクの「ボルトチェンジ」もあまり入らなかったり、ウツロイドの「めざめるパワー炎」、テッカグヤの「火炎放射」を耐えたりして拾った試合がいくつか。

・「叩き落とす」はORAS教え技ですが、アローラガラガラへの貴重な打点として、また持ち物判別に役立ちました。「電光石火」はほとんど打たなかったので、この枠は要検討。ジバコイルポリゴン2等への打点となる「馬鹿力」が候補に挙げられます。

 

 

○ポリゴン2@進化の奇石

 [控えめH244B12C220D4S20]

 191-×-112-169-116-83

 トライアタック 放電 冷凍ビーム 自己再生

 

・クッション役だったり相手の積エース(ギャラドスやらパルシェンカイリュー)やらを止める仕事をしたり。

・性格が控えめで拾った試合もいくつかありますが、性格図太いで防御に努力値を振るべきだったかもしれません。相手のガブリアスの「Z地震」+「地震」は耐えたいところ。

・「放電」はテッカグヤへの打点を増やしたり、カプ・コケコのエレキフィールドの恩恵を受けるというシナジーもありました。

アローラガラガラへの打点を増やすために「冷凍ビーム」を「イカサマ」か「シャドーボール」でもよかったかもしれません。

・第7世代産とばれないためのモンスターボール(たまたま)。

 

 

○ゲンガー@気合の襷

 [臆病H4C252S252]

 136-×-80-182-95-178

 へドロウェーブ 凍える風 シャドーボール 道連れ

 

・CSぶっぱ。

・第6世代でなにかの配布で受け取った特別な「へドロウェーブ」ゲンガーを使ってみたくてこの大会に参加しました。王冠使用済み。輸送したら特性変わるなんて知らなかった・・・。浮遊返して;;

・「道連れ」って連打したら決まりにくくなるんですね・・・。この大会に参加するまで知らなかったです・・・。

 

 

<感想>

○当日にバタバタとボックス内の寄せ集めで組んだにしては意外と勝てました(^∀゜)

アローラベトベトンジバコイルアローラガラガラテッカグヤポリゴン2が面倒くさかったです。処理ルートを選出した時点で複数用意しておくべき。

○当たった1700台全員に勝てたのが幸運でした。

○35戦で終わってしまったので、もう少し時間を確保して取り組んでいればもっと高レートになっていたかもしれません。

 

 

<選出数> 

カプ・コケコ 20

パルシェン  8

ガブリアス  28

ハッサム   22

ポリゴン2  17

ゲンガー   11

 

さすが主人公ガブリアス(^∀゜)

(どこかに数え間違えがある気がしますが直しが面倒なのでそのまま)

 

 

<おまけ>

f:id:baitopoke:20170320100318j:plain

カントー×アローラ大会=トリプルレート説(^∀゜;)

 

 

<追記(3/25)>

f:id:baitopoke:20170325123750p:plain

 

 

f:id:baitopoke:20170325130611p:plain

f:id:baitopoke:20170325130652p:plain

f:id:baitopoke:20170325130702p:plain

 

 

【ポケモンSM】シングルのオフにQRコードのPTで参加した話

シングル 雑記 サン・ムーン

 

 アロ~ラ~!すきやバイトです。

 サン・ムーンでもマイペースにポケモン楽しんでいます。

 最近はWCSルールのレーティングバトルを中心にやっていますが、3月11日に広島でポケモンの対戦オフ会「びぶおふ!」に交流目的に参加してきました。

 

d.hatena.ne.jp

 

 

 びぶおふのルールはシングルバトルで、最初は「サン・ムーンではまだダブルのPTしか作っていないし、見学参加という形でもいいかな」と思っていましたが、せっかくなので第7世代の新要素として追加されたQRコードを使って対戦参加することにしました。

 

 使用したQRコードのPTは下のリンクと画像のものになります。QRコードを作成したTNまるあさひなさんにこの場を借りて感謝を申し上げます。 

 

 

3ds.pokemon-gl.com

 

f:id:baitopoke:20170312121938p:plain

 

 オフ前夜にレートで試運転を5試合くらいして、使用感がとてもよかったのでこのPTを使うことに決めました。

 

 とくにこの型のカプ・レヒレは初めて使用したのですが、フィールド効果によって状態異常にならず、詰め性能も高くてとても使いやすかったです。

 

 びぶおふ前日に用意したことといえば、このPTのQRコードスマホの写真で撮ったことくらいでしょうか。

 

 当日の予選では試合のたびにいちいちスマホQRコード写真を3DSで読み込むのが少し面倒でしたが、「これが第7世代のポケモンオフの新しい風景だ!」とか言いながら対戦をしていましたw

 

 とにかく厳選済み個体、王冠使用済み個体で調整を施された強いPTを準備できたのはとても助かりました。

 

 

 肝心の結果はというと4勝3敗でブロック4位でした(^∀゜;)

 予選ブロックの上位2名が決勝トーナメントに進めるということで、残念ながら予選敗退という結果に終わりました。

 

 上位の3人に黒星をつけられてしまったのが悔しいところです。プレイングミスやシングル環境や新ポケモンに対する知識不足が負けにつながったと感じています。3人のうちだれかに勝っていたらワンチャン予選抜けあったのになあ・・・。

 

f:id:baitopoke:20170312175328p:plain

 

 紫苑さんもノブさんもゲッコウガを使っていたのですが、シングル環境の勉強不足のためか、ゲッコウガがどんな技を持っているのか全くわからなかったです。「けたぐり」や「みずしゅりけん」を考えるとバンドリ選出できなかったし、「ダストシュート」や「れいとうビーム」を考えるとカプ・レヒレメガボーマンダゲッコウガには強く出られません。

 

 実際の対戦ではこちらのウルガモスが、ノブさん戦では「ハイドロポンプ」で、紫苑さん戦では水Z「ハイドロカノン」で飛ばされてしまいました。さらに紫苑さんのゲッコウガにいたっては「めざめるパワー炎」でナットレイを焼かれたし、ほんとお通夜状態でした・・・。

 

 その他の対戦で印象に残ったのは、めじろさんのラスト1匹スイクンVSこちらメガボーマンダウルガモスで、「これは勝ったなwガハハ」とか思っていたら、スイクンが水Z「あまごい」でSを1段階上昇させ、残りの2匹を綺麗に処理されてしまったことでしょうか。

 

 そういえばしじみさんのメガボーマンダの「おんがえし」に合わせてウルガモスを後投げして、炎の体で火傷を負わせるという業の深いことをしたような気もします(^∀゜;)

 

 自分の対戦を消化した後は、マルチバトルやアローラダブルのフレ戦やらをして楽しみました。とくに自分が使用しているPTについて意見を交換しあったり、シングル勢にダブルバトルを布教したりできたのは有意義だったと思っています。

 

 

QRコードを使った感想 

 上記にもあるようにシングル用のポケモンをサン・ムーンではまだ育成しておらず、またトリプルバトルにまだ未練が残っているのでポケバンクを通じてORASからポケモンを連れてきていないため、QRコードを使用しています。

 

 もちろん自分で厳選して育成したポケモンたちで対戦にのぞむというのは楽しいものですが、今回はズルさせていただきましたw 

 

 今回のオフで自分は事前にスマホでPC画面のQRコードの写真を撮って、対戦するたびに読み込むという方法をとりましたが、QRコードを紙に印刷して持ってきている人も見かけました。

 

 今回はダブルを普段やっている自分がシングルのオフに参加しましたが、新しいZ技の発掘や仕様の発見、努力値調整の勉強やらをするだけでも、ダブル勢がシングルのオフに参加する価値は大いにあると思います。

 

 その逆も然りで、シングル勢がダブルのオフに参加することで得られるものもきっとあるんじゃないかと思います。トリックルームや追い風、今作から登場したシード系アイテムなどの使い方なんかはダブルならではの考え方もあってかなり面白いですよ。

 

 QRコードでPTを使用できるようになったことで、シングル勢もダブル勢もバトルロイヤル勢(存在するのかはよくわからない)も、ルールに関係なく興味がある対戦オフ会に気軽に参加できるようになったのはいいことだなあ、と感じています。

 

 ポケモントレーナーみんながルールの垣根なくいろんなオフに参加できたらいいですね(^∀゜)

 

 

 

 (おまけ)

 f:id:baitopoke:20170313205641j:plain

今回の名札。モクローミミッキュのような生物が描かれているけど、これは自分で描きました(^∀゜)

 

あと6月24日にシングルのお祭り大会の真皇杯広島予選があるらしいですよ(^∀゜)

 

 

 

 

 

【トリプルORAS】バナナ入り晴れゴリラ【トリプルチャンピオンシップ前期大会準優勝】

トリプル

 

 てるるんさん主催の第6世代最後(?)の大規模なレート準拠ルールのトリプル大会「トリプルチャンピオンシップ」に参加しました。

 

terurunn.hatenablog.jp

 

  PGLが閉鎖されており、環境もよくわからなかったので、トリプルレートで自分が一番使ってて楽しかった晴れゴリラパを使用しました。

 ヒヒダルマはその見た目と攻撃性能からゴリラと呼ばれており、メガリザードンYヒヒダルマを軸としたPTは晴れゴリラと呼ばれています。

 

使用PT

 

持ち物

特性

 

リザードナイトY

熱風

火炎放射

ソーラービーム

猛火→日照り

 f:id:kingcrimsonX:20140817181922p:image

拘り鉢巻

フレアドライブ

岩雪崩

馬鹿力

横取り

力ずく

 

拘り眼鏡

ハイパーボイス

寝言

 

フェアリースキン

 f:id:Terurunn:20150216015936j:plain

突撃チョッキ

インファイト

叩き落とす

猫騙

フェイント

厚い脂肪

 

拘りスカーフ

地震

岩雪崩

馬鹿力

蜻蛉返り

威嚇

 

オボンの実

サイコキネシス

凍える風

トリックルーム

スキルスワップ

浮遊

 :控えめHBCいろいろ調整

 f:id:kingcrimsonX:20140817181922p:image:意地AS

 :控えめHBCSいろいろ調整

 f:id:Terurunn:20150216015936j:plain:勇敢Aぶっぱ、BDいろいろ調整

 :意地ASベース

 :控えめHCベース

 

 いわゆるテンプレとされる通常の晴れゴリラパは、クレセリアの枠がヒードランでさらに晴れゴリラしている(晴れ下でのアタッカーが多い)のですが、ORAS産のヒードランは「噴火」を使えないこと、霊獣ランドロスが「地震」を打ちやすいように浮いているポケモンがほしいと思ったこと、「スキルスワップ」で搦め手から相手を攻められる駒がほしいと思ったことから、クレセリアを採用しました。

 場を整えるクレセリアを入れることで、ゴリラたちの火力をより相手に叩きつけやすくなった気がします。

 

 

個別解説

:メガリザードンY@リザードナイトY

 [控えめH252B140C108D4S4]

 185-×-116-157-106-121(メガ進化前)

 185-×-116-212-136-121(メガ進化後)

 熱風 火炎放射 ソーラービーム 守

 

 H:ぶっぱ

 H-B:A177メガガルーラの「捨て身タックル」確定耐え(156~184ダメージ)

 H-B:A216霊獣ランドロスのダブルダメ「岩雪崩」高乱数耐え15/16(156~188ダメージ)

 

・晴れ起動ゴリラ。フィールドを一瞬にしてジャングルに変える。

・雑に「熱風」打ってるだけでも十分強い。

 

 

f:id:kingcrimsonX:20140817181922p:imageヒヒダルマ@拘り鉢巻

 [意地H4AS252]

 181-211-75-×-75-147

 フレアドライブ 岩雪崩 馬鹿力 横取り

 

 A:ゴリラドライブでHB特化クレセリア(H227B189)を高乱数1発(13/16)(220~261ダメージ)

 A:ゴリラドライブでHぶっぱマリルリ(H207B100)を確定1発

 A:ゴリラドライブで無振りガブリアス(H183B115)を高乱数1発(14/16)(181~213ダメージ)

 A:威嚇2回入ったゴリラドライブでH4メガガルーラ(H181B120)が高乱数1発(12/16)

 

・トリプルではおなじみ第一ゴリラ。ウホウホ(^∀゜)

・特性力ずく×日照り補正×拘り鉢巻×タイプ一致A特化「フレアドライブ」(通称ゴリラドライブ)でHB特化クレセリアより柔らかいポケモンを、タイプ相性関係なく吹き飛ばす。はいバナナ。

・「横取り」は打つ機会がないし「地震」と選択だと思います。

・なお図鑑説明ではゴリラではなくダルマの模様。

 

 

ニンフィア@拘り眼鏡

 [控えめH164B92C236D4S20]

 191-×-97-176-151-82

 ハイパーボイス 寝言

 

 H:16n-1

 C:11n

 S:S1段階ダウン準速70族(122)抜き

 

・トリプル村のゴリ姫。

・高火力全体技の「ハイパーボイス」を1試合に2回通せればかなり勝ちに近づく。「寝言」はドーブルの「ダークホール」対策。

・後述のクレセリアが負けん気キリキザンに「凍える風」を当ててしまった場合でも、上からハイパーボイスを打てるようにのSラインを設定しました。

 

 

f:id:Terurunn:20150216015936j:plainハリテヤマ@突撃チョッキ

 [勇敢A252B140D116](S0最遅個体)

 219-189-98-×-95-49

 インファイト 叩き落とす 猫騙し フェイント

 

 A:ぶっぱ

 H-B:A177メガガルーラの「捨て身タックル」確定耐え(184~217ダメージ)

 H-D:C178ニンフィアのダブルダメ眼鏡「ハイパーボイス」確定耐え(186~218ダメージ)

 H-D:C200ヒードランのダブルダメ「熱風」確定4発(57~67ダメージ)

 

・ゴ力士。

・特性厚い脂肪と突撃チョッキのおかげで対炎耐性はかなり高い。

・「猫騙し」も「フェイント」もとても便利。「叩き落とす」は相手の交換読みで打ったり、ブレード状態のギルガルドをワンパンできる。

 

 

:霊獣ランドロス@拘りスカーフ

 [意地H12A156B92D4S244]

 165-203-122-×-100-142(HとDの個体値29)

 地震 岩雪崩 馬鹿力 蜻蛉返り

 

 A:「馬鹿力」でH4テラキオン(H167B110)を確定1発

 A:ダブルダメ地震でH4テラキオン中乱数1発(10/16)(156~186ダメージ)

 B:A1段階上昇A194キリキザン命の珠「不意打ち」を高乱数耐え15/16(140~165)

 S:準速91族ー1(相手の霊獣ランドロスと対面したときに持ち物判別できるように)

 

・ドラミング威嚇ゴリラ。

・PTの初速がかなり遅めなのでいつもの拘りスカーフランドロス

 

 

クレセリア@オボンの実

 [控えめH212B60C236]

 222-×-148-137-150-105

 サイコキネシス 凍える風 トリックルーム スキルスワップ

 

 H:16n-2

 H-B:A194キリキザンの命の珠「叩き落とす」で確定2発(187~221ダメージ)

 C:ダブルダメ「凍える風」でH4突撃チョッキ霊獣ランドロス(H165D100)を確定2発(88~104ダメージ)

 

・バナナ。バナナとはゴリラドライブを耐えられないポケモンを指し、その代表としてクレセリアを言うことが多いです。

・PT内唯一のS操作技を持つ。「挑発」や「吠える」対策や氷4倍持ちも睨んで「トリックルーム」と「凍える風」を両立させており、相手のS操作役を見ながらこれらの技を使っていきます。

・「スキルスワップ」で相手の便利そうな特性(親子愛、影踏み、威嚇、もらい火、フェアリースキン等)を奪って相手の妨害もできます。

・ほぼ特攻特化で意外と火力もあり、置物になりにくいです。

  

 

あとがき

・結果は準優勝でした。優勝したあきさんおめでとうございます。後期大会優勝者との頂上決戦も頑張ってください。

 ・後期大会は今週末の日曜の夜に開催されるそうです。そこでどんな熱い試合が繰り広げられるのか、またどんなPTが上まで勝ち上がるのか非常に楽しみにしています。後日には前期大会の優勝者と後期大会の優勝者が戦うという企画もあるようです。トリプルバトル最期のお祭りを楽しみたいと思っています。

 

 

・どうやらこの大会は世界規模の大会らしく、中国からの参加者も何名かいるみたいです。

・自分がトリプルに手を出し始めたのは第6世代のORASに入ってからですが、本当にトリプルバトルというルールが楽しかったです。レート対戦やフレンド対戦、公式ネット大会やトリプルチーム戦、診断メーカートリプル大会、そしてこのトリプルチャンピオンシップとさまざまな思い出があります。そのすべての思い出と、さまざまなプレイヤーとトリプルバトルを通じて出会えたことに心より感謝します。新世代のサンムーンでお会いしましょう!!今までありがとう・・・トリプルバトル(^∀゜)

 

f:id:baitopoke:20161111164123p:plain

イラストが雑なのは許して(^∀゜;)

 

【VGC2016】オーガレック+チョッキマリルリ【グロリア2016中国大会4位】

GS VGC2016

 

 こんにちは、すきやバイトです。

 近所で「バトルロードグロリア2016中国大会」という面白そうなオフ会があるというので遊びに行ってきました!!

 ルールはGSで、優勝したら東京の本戦に出られるとのこと!!うおおおおお!!!!!

 

amalgame.jp

 

 前の記事で書いた通りトリプルGSでグラゼルネを使ったので、じゃあ今度はオーガレックを使うかということで、レックウザゲンシカイオーガを軸にPTを作ってみました。

 

 メガレックウザゲンシカイオーガの組み合わせ、通称オーガレックまたはレックオーガでは、ゲンシカイオーガの「潮吹き」や「根源の波動」といった強力な水全体技を通してレックウザの「画竜点睛」や「神速」でとどめを刺していく、またはメガレックウザの強力な「画竜点睛」で相手の残数を強引に削りゲンシカイオーガの水技で締めるといった展開を狙っていくPTです。

 

 ゲンシカイオーガの水技を通すうえで一番の障害となるゲンシグラードンの特性「終わりの大地」に対しては、メガレックウザの特性「デルタストリーム」やレックウザの「エアロック」で天候を制することで対抗していきます。

 

 成績は上のリンクの記事にもあるように、予選スイスラウンドを4勝0敗とトップで抜けることができましたが、準決勝で電磁波えいすりんさんに負け、3位決定戦でみょんさんとの再戦に負けて、4位でした。でも優勝したぶらありさんにこの日黒星をつけたのは自分1人なので実質自分の優勝ですね!!

 

 

 ポケモン

 持ち物

技 

特性 

 レックウザメガレックウザ

気合の襷

画竜点睛

神速

オーバーヒート

エアロック→デルタストリーム

 

藍色の珠

潮吹き

冷凍ビーム

始まりの海

f:id:daikon07:20150505030130p:plain →

ゲンガナイト

ヘドロ爆弾

みがわり

めざめるパワー氷

浮遊→影踏み

 クロバット

ラムの実

怒りの前歯

追風

ファストガード

挑発

精神力

 

拘り鉢巻

地震

岩雪崩

大爆発

馬鹿力

威嚇

 f:id:daikon07:20140608042434p:plain

突撃チョッキ

じゃれつく

滝登り

アクアジェット

叩き落とす

力持ち

 

 メガレックウザレックウザ):無邪気AS  :臆病最速、ほぼBS

 f:id:daikon07:20150505030130p:plain):臆病HCS調整  クロバット:臆病最速、ほぼBS

 :陽気AS  f:id:daikon07:20140608042434p:plain:ほぼ意地HA

 

 

前置き

 最近の上位に食い込んでいるPTの記事を読んでいると、ぼんやりと環境はこんな感じなのかなと思いました。

 

ゲンシグラードンは臆病最速CSか最遅勇敢HA。

ゼルネアス、特にドータクン入りのスイッチトリパで使われているゼルネアスは性格「控えめ」でSに努力値をあまり振っていない遅い個体が多そう。

ゲンシカイオーガは性格が「控えめ」や「冷静」で、努力値振りはHBベースで命の珠か拘り鉢巻持ちのメガレックウザの「画竜点睛」耐えを基準としている。 

 

 そのため以下の理由により、レックウザと組んでいる「雷」を所持している最速ゲンシカイオーガがこの環境に刺さっているのでは?と考えました。

・遅いゼルネアスに対しては「ジオコントロール」で特防を上げられる前に「潮吹き」で大ダメージを与えられる。

ゲンシグラードンに対してはレックウザの特性を利用すれば上から水技を叩きつけられる、天候をとられていてもサブウェポンの「冷凍ビーム」で(同速ゲーを制することができれば)上から攻撃できる。

ゲンシカイオーガに対してはこちらのレックウザで2回上から殴る、またはゲンシカイオーガの「雷」で対抗できそう。

 

  一般的にオーガレックに強いとされるポケモンたちには、ゼルネアスドーブルの組み合わせ、捨て身タックルや流星群を持っている両刀メガボーマンダメガガルーラナットレイ、化身ボルトロスやサンダー等の電気タイプ、ディアルガが挙げられるので、これらにメタの照準を合わせていきます。

  

 

個別解説

メガレックウザレックウザレックウザ@気合の襷

 [無邪気H4AS252]

 181-202-110-170-99-161(メガ進化前)

 181-232-120-180-108-183(メガ進化後)

 画竜点睛 神速 オーバーヒート 守

 

 A:メガレックウザの「画竜点睛」でメガガルーラ(H181B120)確定2発(132~156ダメージ)

 A:メガレックウザの「神速」でメガガルーラ(H181B120)に高乱数3発(59~70ダメージ)

 C:素レックウザの「オーバーヒート」でメガクチート(H157D115)中乱数(146~172ダメージ)

 C:メガレックウザの「オーバーヒート」でドータクン(H174D136)確定2発(146~172ダメージ)

 

・ 世界大会優勝のWolfeさんの影響もあり、オーガレックが多いと予想したため、最速安定です。

・相手の ゲンシカイオーガを倒すためには、2回画竜点睛を打ち込む必要があるので持ち物は気合の襷を持たせています。「画竜点睛」の反動でBとDが下がっても何かしら1発耐えてくれるのもいい感じです。

・「オーバーヒート」はナットレイメガクチートドータクンを意識しています。 

 

 

 ゲンシカイオーガ藍色の珠

 [臆病B236C20S252]

 175-×-138-203-180-156(B個体値27)

 潮吹き 雷 冷凍ビーム 守

 

 B:命の珠A232メガレックウザの「画竜点睛」高乱数耐え調整(148~175ダメージ)

 C:ダブルダメ体力マンタン雨「潮吹き」でメガガルーラ(H181D120)低乱数1発(160~190ダメージ)

 C:「雷」でゲンシカイオーガ(H207D180)を中乱数2発(94~112ダメージ)

 S:最速

 

 

・BとSに努力値を大きく割いた分、火力が低めなのが悲しいですが、「この攻撃は耐えられそう」「相手のゲンシカイオーガゲンシグラードンよりは早い」という安心感が違う気がします。

 

 

 

f:id:daikon07:20150505030130p:plainメガゲンガー@ゲンガナイト

 [臆病H172C108S228]

 157-×-80-164-96-174(メガ進化前)

 157-×-100-204-116-196(メガ進化後)

 ヘドロ爆弾 みがわり めざめるパワー氷 守

 

 B:命の珠A146ファイアローの「ブレイブバード」確定耐え(130~153ダメージ)

 C:耐久無振りメガガルーラ(H181D120)を「ヘドロ爆弾」で高乱数2発(87~103ダメージ)

 C:耐久無振りメガボーマンダ(H170D110)を「めざめるパワー氷」で高乱数1発(168~200ダメージ)

 S:最速ファイアロー抜き

 

・Big系統、特にボーマンダゼルネアス入りには積極的に初手から出していきます。

メガガルーラを「ヘドロ爆弾」で半分削ることができるので、後述するクロバットの「怒りの前歯」と合わせて落としにいくことができます。

・あまり使わなかったので「みがわり」の枠は要検討。たぶん「鬼火」や「金縛り」、「シャドーボール」の方が強い気がします。

 

 

 

クロバットクロバット@ラムの実 <精神力>

 [臆病H36B220S252]

 165-×-128-×-100-200

 怒りの前歯 追い風 ファストガード 挑発

 

 B:A177メガガルーラの「捨て身タックル」高乱数耐え(141~168ダメージ)

 S:最速

 

・がっつりBに寄せたクロバット

・ゲンガーやレックウザと一緒に初手で出し、「怒りの前歯」や「挑発」で何かしらの仕事をしてから、「追い風」を打った直後に相手の攻撃で退場してもらい、ゲンシカイオーガを裏から投げて「潮吹き」で締めるのが理想の動き。

 

 

:霊獣ランドロス@拘り鉢巻 <威嚇>

 [陽気H4AS252]

 165-197-110-×-100-157(非理想個体のため理想個体想定で表記)

 地震 岩雪崩 大爆発 馬鹿力 

 

ディアルガゲンシグラードンナットレイクチートに大ダメージを与えられます。威嚇でメガガルーラの火力を下げられるのもいい感じ。電気の一貫を切り、化身ボルトロスやサンダーに1発入れるのも大事な仕事。

メガゲンガーと一緒に初手で出し、メガゲンガーの「みがわり」+ランドロスの「大爆発」というプレイングも決まると爽快でした。

 

 

 ここまでは自分で考え、PTのメンツが5匹決定しました( メガレックウザメガゲンガー霊獣ランドロス)。残り1枠に入れるポケモンについて、トリプル村(※トリプル勢が多く住んでいるが人口は多くない、新作にて廃村が噂されている)に住んでいるもずさんに相談してみたところ、

 

トリックルーム展開からゲンシグラードンゲンシカイオーガの強力な攻撃を通してくるPT

イベルタルのダークオーラを利用してバンバン不意打ちを打ってくるPT

・拘りスカーフ持ちホワイトキュレム

が辛いのではないかという指摘を受けました。

 

 自分1人ではモロバレルナットレイトゲキッス、はてはパラセクトベロベルトくらいしか思いつきませんでしたが、もずさんがマリルリマリルリを推してくれたのでこいつを採用することにしました。

 

 

f:id:daikon07:20140608042434p:plainマリルリ@突撃チョッキ <力持ち>

 [意地H220A252B36]

 203-112-105-×-100-70

 じゃれつく 滝登り アクアジェット 叩き落とす

 

  A:雨下「アクアジェット」で耐久無振りゲンシグラードン(H175B180)を高乱数1発(168~204ダメージ)

 A:「じゃれつく」でホワイトキュレム(H202B110)を確定1発(206~240ダメージ)

 A:「じゃれつく」でイベルタル(H202B115)を高乱数1発(200~236ダメージ)

 A:「じゃれつく」でゲンシカイオーガ(H207B142)を確定3発(81~96ダメージ)

 B:A177メガガルーラの「捨て身タックル」高乱数耐え(172~204ダメージ)

 D:C183ゼルネアスのC2段階上昇「ムーンフォース」高乱数耐え(174~205ダメージ)

 

・いろいろな攻撃を耐えて、反撃するマリルリ。先制技があるのもグッド。

マリルリがかなり攻撃的で自分好みな感じでした。めちゃ強くてオーガレックが苦手とするところをカバーしてくれる期待通りの仕事をしてくれました。アイデアをくれたもずさんに感謝。

・なお対戦を配信されていたみょんさんとの3位決定戦で、相手のメガレックウザに「画竜点睛」を急所に喰らって吹っ飛んだ模様。

 

 

あとがき

・主催の電磁波さん、masaさんをはじめ、参加者のみなさんお疲れ様でした。対戦できて楽しかったです。

・財布を忘れて会場へ行ったのですが、参加費を貸していただいたシビルさんに感謝いたします。(後日返却しました)

 

・配信されていた3位決定戦についてのみ言えば、こちらのクロバットがみょんさんのゲンシカイオーガの「根源の波動」を避ける、こちらのメガレックウザがみょんさんのカポエラーを「画竜点睛」急所で突破するというかなり運が絡んだ試合展開だったように思います。ただし、みょんさん自らが対戦直後のインタビューで晒したガバについては擁護しきれませんねw

・そのうち対戦動画がアップされるはずです。

 

 

 

 

 

 

【全国ダブルORAS】ガルーラ軸メモ【S17&ちゃもオフ使用PT】

全国ダブル VGC2015

 

 S17終盤と9月24日に開催された第12回ちゃもオフで使用したPT。ORAS最終期ということもあり、最強のメガ進化ポケモンと言われているメガガルーラ軸のPTを使ってみました。

 

 

 

 

 

持ち物

技          

 特性

 

ガルーラナイト

猫騙

捨て身タックル

けたぐり

不意打ち

肝っ玉→親子愛

 

ゴツゴツメット

サイコキネシス

凍える風

月の光

瞑想

浮遊

 

拘り眼鏡

熱風

オーバーヒート

ラスターカノン

大地の力

貰い火

 

命の珠

ハイパーボイス

めざめるパワー地面

破壊光線

見切り

フェアリースキン

 

オボンの実

10万V

電磁波

挑発

悪戯心

 

拘りスカーフ

地震

岩雪崩

馬鹿力

蜻蛉返り

威嚇

   :陽気AS  :図太いHBS調整

  :控えめHCS調整  :控えめHBCS調整

  :臆病HBCDS調整  :意地AS

 

 ちゃもオフでの変更点

メガガルーラの「捨て身タックル」→「恩返し」

 ・ニンフィアの持ち物を命の珠→精霊プレート

 

コンセプト 

メガガルーラ+瞑想ゴツメクレセリアの組み合わせが強そう

・「凍える風」をS操作の軸にして、メガガル―ラ・ヒードランニンフィアの超火力で相手を上から吹っ飛ばして残数で有利をとっていこう

・アタッカーで瞑想クレセリアの不利な相手を倒して、こいつで詰める展開をやってみよう

 

 

簡単な個別解説

メガガルーラ

 [陽気H4AS252]@ガルーラナイト

 181-177-120-×-120-167

 猫騙し 捨て身タックル(恩返し) けたぐり 不意打ち

 

 ASぶっぱ

 

 

 :クレセリア

 [図太いH220B76C20D4S172]@ゴツゴツメット

 223-×-165-98-151-127(S個体値27)

 サイコキネシス 凍える風 瞑想 月の光

 

 H:16n-1

 B:11n

 S:「凍える風」1回で最速メガボーマンダ抜き

 

 

ヒードラン

 [控えめH164B4C236S116]@拘り眼鏡

 185-×-127-198-126-112(H個体値30)

 熱風 オーバーヒート ラスターカノン 大地の力

 

 C:眼鏡「オーバーヒート」で大体のポケモンを倒せる

 S:クレセリアが1回「凍える風」を使用することで、最速100族を抜くことができる

 

 

 ニンフィア

 [控えめH148B92C240S28]@命の珠(精霊プレート)

 189-×-97-176-150-84(CとDの個体値30)

 ハイパーボイス めざめるパワー地面 破壊光線 見切り 

 

 H:10n-1

 C:「破壊光線」で大体のポケモンを倒せる

 S:クレセリアが2回「凍える風」を使用することで、最速100族を抜くことができる

 

 

:化身ボルトロス

 [臆病H236B36C44D84S108]@オボンの実

 184-×-95-151-111-159

 10万V 挑発 電磁波 守

 

 

:霊獣ランドロス

 [意地H12A156B92D4S244]@拘りスカーフ

 165-203-122-×-100-142(HとDの個体値29)

 地震 岩雪崩 馬鹿力 蜻蛉返り

 

 H-B:A1段階上昇意地命の珠キリキザンの不意打ち耐え

 A:耐久無振りテラキオンを馬鹿力で倒せる

 S:準速-1(相手のランドロスの持ち物を判別するため)

 

 

 

 自分の中のメガガルーラ軸の結論PT。めちゃ強かったけどもう少しで勝ちきれなかった。

 ガルニンフクレセドランボルトランド。

 第6世代にダブルバトルを楽しめたことに感謝。

 

 

 

【トリプルORAS】グラゼルネ【トリプル定期チーム戦GS部門】

GS トリプル

 

 tofuさん主催のトリプルチーム戦にいつものメンバー(でんりうさんとローズマリーさん)と一緒に参加してきました。

d.hatena.ne.jp

 

 今回はメンバーがORASレート準拠ルール、イッシュファイナルルール、トリプルGSルールのいずれか担当を決めて戦うというものでした。

 自分はトリプルGS部門を担当しました。

 

 

 

 

チームメイトからアドバイスのクソリプが飛んでくる

 

 

 

f:id:baitopoke:20160929220156p:plain

 

 

ただこのアドバイスがあまりにも意味が分からなすぎたので、効果音の意味するところを自分なりに解釈してみました。

 

 

どかーん→ラティオスの流星群!!

ぎゅいんぎゅいーんごぉおおおおお→ゼルネアスのジオコントロール!!

どっかーん→ゲンシグラードンの噴火!!

ぶおーん→ファイアローファストガード!! 

どっかーん→ジオコントロールを積んだゼルネアスマジカルシャイン!!

どっかーん→メガガルーラの恩返し!!

びゅおおおおお→ファイアローの追い風!!

 

 

そうか・・・・・・そういうことだったのか・・・・・・!!!

 

 

 

 

 

持ち物

特性

 

ガルーラナイト

猫騙

恩返し

不意打ち

吠える

精神力→親子愛

 ゼルネアス

パワフルハーブ

ムーンフォース

マジカルシャイン

ジオコントロール

フェアリーオーラ

 ゲンシグラードン

紅色の珠

噴火

大地の力

岩雪崩

終わりの大地

 

命の珠

ブレイブバード

フレアドライブ

ファストガード

追い風

疾風の翼

 f:id:chomoranmaaaaa:20150813193247p:image

拘りスカーフ

サイコキネシス

流星群

竜の波動

神秘の守り

浮遊

 479wash.png

オボンの実

10万V

悪の波動

横取り

電磁波

浮遊

  :陽気AS  

  ゼルネアス:臆病HBCS調整(最速、珠メガレックウザの画竜点睛耐え)

  ゲンシグラードン:控えめCS  

  :陽気AS

  f:id:chomoranmaaaaa:20150813193247p:image:控えめCS  

  479wash.png:冷静HBCD調整(最遅個体)

 

 

第6世代の環境では炎とフェアリーの全体技でごり押すのが一番強いと偉い人が言っていたので、「噴火」するゲンシグラードンと最強のフェアリー伝説ポケモンゼルネアスを軸に組んでみました。

 

見ての通り上からゼルネアスゲンシグラードンの攻撃を通すのがコンセプト。

周りの一般ポケモンは基本的に補助の役割を担いますが、トリプルは6匹を選出するので置物になりにくいポケモンを選んでみました。

 

 

個別解説 

メガガルーラメガガルーラ

 [陽気H4AS252]<精神力→親子愛>@ガルーラナイト

 181-177-120-×-120-167

 猫騙し 恩返し 不意打ち 吠える

 

・メガ進化前の特性が精神力なので確実に「猫騙し」が使えて、伝説ポケモンに劣らない火力を持ち、「不意打ち」という先制技を持っている第6世代最強ポケモン

・ミラーも考えて最速。

・「吠える」はトリックルームメガゲンガーの影踏みへの対策、そしてゲンシカイオーガゲンシグラードンでの天候取り合いに有利になると思い採用しました。予選でもこの技でトリックルームを防ぐ展開があり、試合を有利に運ぶことができました。

・メインウエポンに自身の体力がゴリゴリ削られる「捨て身タックル」ではなく「恩返し」を選択しました。火力が少し足らないかなと感じる場面もありましたが、自身の体力を温存して再度「猫騙し」を打つチャンスを伺える方がいいと思い、「恩返し」を選択しました。

 

 

ゼルネアスゼルネアス(非理想個体のため理想個体想定で表記)

 [臆病H44B20C188D4S252]<フェアリーオーラ>@パワフルハーブ

 207-135-118-175-119-166

 ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール 守

 

・「ぎゅいんぎゅいーんごぉおおおおお」「どっかーん」枠。

・主にメガガルーラの「猫騙し」+「ジオコントロール」から展開し、相手を制圧していきます。

・ミラーを考えて最速。上記にもあるように陽気メガレックウザの命の珠「ガリョウテンセイ」耐え調整。

 

 

ゲンシグラードンゲンシグラードン(非理想個体のため理想個体想定で表記)

 [控えめB4C236D12S252]<終わりの大地>@紅色の珠

 176-180-181-220-112-142

 噴火 大地の力 岩雪崩 守

 

ぐるぐるぐるぐるどっかーん!

       (⌒⌒)

         ii!i!i

    ノ~~~\

   ,,,,,,,/^∀゜#\,,,,,,,,,,

う、うぉおおぉぉぉおおああぁあーーーーー!!!(ドビュルルルル!!)

・噴火戦士がほしかったので特殊ゲンシグラードン

・「岩雪崩」の枠は「火炎放射」「竜の波動」「炎のパンチ」「アイアンヘッド」などから選択だと思いますが、怯みの追加効果は偉大なのでこの技を選択しました。一度も打たなかったので要検討。

 

 

ファイアローファイアロー

 [陽気H4AS252]<疾風の翼>@命の珠

 154-133-91-×-89-195

 ブレイブバード フレアドライブ 追い風 ファストガード

 

・今回の「鳥」枠。ファイヤーはGSについてこられないと判断したので置いてきました。

・トリプルGSでも対角から攻撃できるというのは強かったです。(後述の2体も対角から攻撃できる技を持っています)

 

 

f:id:chomoranmaaaaa:20150813193247p:imageラティオス

 [控えめH4CS252]<浮遊>@拘りスカーフ

 156-×-100-200-130-162

 流星群 サイコキネシス 竜の波動 神秘の守り

 

・めちゃつよポケモン

・タイプ相性と特性のおかげでゲンシグラードンゲンシカイオーガの攻撃に後投げして一度は行動することができます。

・こだわりスカーフを持つことで、メガゲンガーメガボーマンダレックウザクロバット、ホワイトキュレムなどGSで強いポケモンたちを上から奇襲して倒すことができます。

・「神秘の守り」でドーブルの「ダークホール」対策をしていました。

・「癒しの波動」も覚えられるポケモンなので、「癒しの波動」→体力の削れたゲンシグラードンのHP回復→「噴火」どっかーん!!!という芸当もできます。

 

 

479wash.pngロトム

 [冷静H244B84C100D76]<浮遊>@オボンの実

 156-×-138-151-137-81(S個体値0)

 10万V 悪の波動 電磁波 横取り

 

・H:怒りの前歯でオボン発動するよう偶数に調整。B:オボン込みで陽気メガガルーラの「捨て身タックル」耐え調整。D:C2段階上昇したゼルネアスのダブルダメマジカルシャイン耐え調整。残りC。

・このPTがトリックルームを貼られて、下からゲンシカイオーガの全体技を通されるのがキツそうだと感じたため、地雷ポケモンとして最遅ロトムを投入しました。トリックルーム下でもゲンシカイオーガを「10万V」で攻撃することができます。

・また「電磁波」をバラまいて相手の「ジオコントロール」をつんだゼルネアス等を止める役割も担ってもらいました。しかしその役割を担わせるなら、麻痺したジオコントロールを積んだゼルネアスの上を取れるS実数値84がベストでしょう。今大会はS個体値6か7のロトムの孵化厳選が間に合わなかったので、最遅ロトムとなっています(特攻の努力値を削って素早さに少し振るのもありかもしれません)。

・タイプ相性と特性のおかげでゲンシグラードンゲンシカイオーガの攻撃に後投げして一度は行動できるポケモンその2。メガボーマンダファイアローメガレックウザの飛行技の一貫を切る目的もありました。

・「横取り」戦士。予選で相手があきらかに追い風を選択する場面があったのに、なぜかこの技を使わなかったのはガバ。

・「ハイドロポンプ」ではなく「悪の波動」を採用したのはゲンシグラードンが天候を終わりの大地状態にしていると打つことができないこと、また対角にも打つことができ、怯みの追加効果も狙える技として採用しました。

 

 

 

個人戦績:個人3勝1敗

 

チーム戦績 :予選を2勝1敗で通過するも、「君の名は。メロス」チームに敗れて決勝トーナメント1落ち

 

 

トリプルGS雑感

・伝説ポケモンが暴れるルールということで圧倒的な迫力がありました。

・3方向から攻撃が飛んでくるため、ゼルネアスが通常のダブルのGSルールと比べてジオコントロールを積みにくい気がしました。先発のゲンシグラードンラティオス等で相手の残数を減らしてから、後発ゼルネアスで締めるという展開が強いと思います。

 

・スカーフドーブルダークホール強すぎ問題。

・叩きテラキオンが強すぎるので対策必須(A6段階上昇命の珠テラキオンのダブルダメ岩雪崩で耐久無振りゲンシグラードン乱数1発、ナットレイパワーウィップ耐え調整ゲンシカイオーガ確定1発)。

・通常のトリプルレートでは先発の3匹のみを選択していれば自動的に6匹選出されますが、ノーマルルールのフレ戦で3匹しか選出していないとその3匹しか連れて行くことができません。気をつけましょう。

 

・自分としては以前カンザキさんが主催されていたGSトリプル大会でのリベンジも兼ねての出場でした。このときのメンツはメガゲンガールンパッパゴチルゼルでしたが、このときホウオウが弱いというのが分かったので、いつもチーム戦で入れていた炎・飛行枠はファイアローとなりました。

kanzaki.hatenablog.com

 

・自分たちのチーム「Three Wings」は、実は全員が初代準伝説3鳥(サンダー・フリーザー・ファイヤー)のいずれかを手持ちに加えてPTを組むという縛り(?)をやっていましたが、今大会は自分も含めてだれも3鳥を使っていませんでしたw

 

・主催のtofuさんお疲れ様でした。(まだ大会進行中だけどw)

・自分とチームを組んでくれたのでんりうさんとローズマリーさんに感謝。楽しかったのでサン・ムーンでもトリプルが存続していれば(←ここ最重要)、またチーム戦やってみたいですね。

 

 

 

【トリプルORAS】バンギランド&バンドリラティ【イッシュファイナル使用PT】

ネット公式大会 トリプル

 

 8月26日~28日にかけて開催されたインターネット公式大会のイッシュファイナルに参加しました。いろんな参加者のPTを見たい方はこちら↓↓

cloyster.blog.jp

 

ルール

トリプルバトル

・第1~5世代までのポケモン使用可能(ただし伝説・幻ポケモンを除く)

・持ち物メガストーンと心のしずくは禁止

・過去作使用OK

・1日15戦まで可能。全45戦。

・ただしその日に消化できなかった試合は翌日以降に持ち越し可能

 

 

バンギランドスタン

TN:すきやバイ

戦績:34勝11敗 最終レート1785 66位

f:id:baitopoke:20160906205955p:plain

戦い方:高種族値で相手をぶん回すイメージ

f:id:baitopoke:20160828175406p:plain

バンギラス:勇敢HA(S個体値0)

化身ボルトロス:陽気AS

ラティオス:控えめCSベース

霊獣ランドロス:陽気AS

クレセリア:控えめHCベース

ピッピ:生意気175(236)-×-85(132)-×-113(140)-36(S個体値0)

 

 

・第5世代の環境のトリプルバトルは経験したことがなかったので、これを参考にしました↓↓(かなりアレンジした)

ゴローのゲーム語録 【トリプル】バンギエピー構築(砂ピッピ)

 

・第5世代トリプルの記事を漁ると、遅いバンギラスが強かったらしいのでこいつを軸に組んだら600族×5体+マスコットというPTが出来上がりました。数値やべえ。

 

・火力厨なのでピッピ以外のすべてのポケモンの火力には努力値ぶっぱ。ピッピは意地キリキザンの「アイアンヘッド」耐え。耐久はフレンドガードでカバー。

 

・ピッピの「お先にどうぞ」のおかげで、トリックルーム下でブルンゲルユキノオーヒードランの全体攻撃を通すのが勝ち筋のPTに対して思わぬ大打撃を与えるギミックが面白いように決まりました。

 

・親切な方からのいただきものの負けん気ボルトロスを使ってみたかったので、参考記事のトルネロスボルトロスに変更となっています。こちらのPTに刺さっているキリキザンミロカロスに打点を持つ早いポケモンは単純に強かったです。「フリーフォール」も相手の追い風やトリックルームのターン稼いだり、ギミックを妨害したり、相手の技から逃げたり(ただしフリーフォール中に雷を当てられて即死した思い出あり)と、かなり面白い技でした。

 

・「神秘の守り」スカーフラティオスのおかげで「ダークホール」で壊滅という事態にはならなかったです。副産物としてモロバレルの「キノコの胞子」に悩まされることは少なかったです。

 

ハッサム重すぎ問題。バンギラスの「けたぐり」を「炎のパンチ」と迷ってバンギラスが多いと踏んで「けたぐり」を採用しましたが、後半の追い込みの時間帯の負けの原因が全部ハッサム突破できなくて負けというものでした・・・。クレセリアに「目覚めるパワー炎」がほしかったけどそんな個体持ってない・・・。

 

・数値は非常に高いものの、相手のギミック(特に低レベルがむしゃら)をまともに喰らってしまうのが難点かなと。やはり「猫騙し」持ちや「ワイドガード」持ちがほしい、立ち回りをもう少し柔軟なものにしてみたいと思ったことが大会中に何度か思いました。それを踏まえて大会2日目の夜に自分なりに考えて組んでみたPTが↓↓

 

 

バンドリラティ

TN:オタフク

戦績:28勝7敗 最終レート1779 74位

f:id:baitopoke:20160906211956p:plain

戦い方:相手の上をとって高火力を叩きつける+怯みを押し付ける

f:id:baitopoke:20160828175421p:plain

バンギラス:意地HA(S個体値0)

ドリュウズ:意地AS

ラティオス:臆病CS

カポエラー:意地HA

サンダー:図太い197(252)-×-132(116)-146(4)-121(84)-127(52)

トゲキッス:臆病175(156)-×-116(4)-157(92)-136(4)-145(252)

 

 

・遅いバンギラスを使うという軸はそのまま。意地S個体値0にすることで最遅ニョロトノ―1の素早さとなり、初手の対面で天候を奪いやすくなります。

 

・厳選の終わった図太い夢特性A抜け5Vのサンダーを使ってみたかったので、この大会に投入。電気打点+炎打点+追い風によるS操作でめちゃ強かったです。静電気の発動率もなかなかのもの。耐久ラインは命の珠陽気マニュ―ラの「氷柱落とし」耐えと臆病拘り眼鏡ラティオスの「流星群」耐え調整。Sはミラー意識で大目に振りました。

 

・トリプルといえばカポエラー(威嚇+猫騙し要員+ワイドガード要員+先制技持ち)なので採用。白いハーブはとりあえず持たせましたが、相手の威嚇を無効にしたり「インファイト」の耐久ダウンしたりで結構発動していました。テンプレの脱出ボタンとはまた違った動きができて面白かったです。

 

・すきやバイトROMで拘りスカーフを持って「神秘の守り」を貼って状態異常対策をすることがうまくいっていたので、こちらのROMでもトゲキッスに持たせてみました。叩きパ対策として投げることも考えて「この指とまれ」。フェアリー全体技の「マジカルシャイン」もなかなか強かったです。困ったら「エアスラッシュ」で怯ませます^q^

 

テラキオンを素の状態で縛れるポケモンが1匹ほしかったのでラティオスを採用しています。拘り眼鏡の火力で相手を崩していくのはなかなか気持ちよかったです。

 

・最後にフェアリーに強くて、そこそこSが高くて、全体技持ちを探したら、ドリュウズに行きつきました。やっぱりバンドリこそが大正義だったんや!

 

・PTの完成度はバンドリとしてはかなり高く、勝率も80%となかなかのものだと思いますが、いかんせん回す時間が足りませんでした。45戦中35戦消化し、1765から1勝積んだところでリミットの29日の朝9時を迎えてしまいました。目標としていたインターネット大会でのレート1800を越えることができなくて、悲しかったです。すきやバイトROMを途中で切り上げて、こちらのROMを回す時間を確保するべきだったのかもしれませんね・・・。

 

・大会名にファイナルと銘打っていますが、トリプルバトルめちゃ楽しいので新作のサン・ムーンでも装備してくれること願っています!(これが最後のトリプルの大会だったら寂しくなりますね・・・)

 

 

f:id:baitopoke:20160828180418p:plain

 

 

BV置き場

・バンギランドスタン

f:id:baitopoke:20160906205818p:plain

f:id:baitopoke:20160906205836p:plain

f:id:baitopoke:20160906205853p:plain

f:id:baitopoke:20160906205904p:plain

f:id:baitopoke:20160906205913p:plain

f:id:baitopoke:20160906205922p:plain

f:id:baitopoke:20160906205930p:plain

 

・バンドリラティ

f:id:baitopoke:20160906211822p:plain

f:id:baitopoke:20160906211837p:plain

f:id:baitopoke:20160906211847p:plain

 

最終日になんとか試合数をこなそうとあがいていた様子を見ることができます()