ばいとくんのポケモン雑記

ポケモンエンジョイ勢がいろいろ書きます

 Twitter @baitopoke

【USUMダブル】レベル17ピッピ入りバクーダ軸トリパ【うみオフ3位】

 

 10月26日のうみオフ(ダブルレート準拠ルール)にて使用しました。

 

f:id:baitopoke:20191027173622p:plain




 

pokemonhiroshimaoff.hatenablog.com

 

 

結果

 うみオフ

 予選ナックラーブロックを5勝1敗で1位抜け

 3位決定戦(BO3)で2勝1敗で3位

 

 

構築経緯

・漠然とメガバクーダf:id:baitopoke:20190922093342p:plainを使いたいなというところからスタート。

メガバクーダはS種族値20と遅いことから、「トリックルーム」と組み合わせて使うことにしました。またこちらの記事で考察した通り、第7世代ならではの戦術として、フィールドと「しぜんのちから」を組み合わせることにしました。というわけで、とりあえずカプ・コケコf:id:baitopoke:20190505113853p:plainカプ・ブルルf:id:baitopoke:20190510173318p:plainは入れておきましょう。エレキフィールド下なら「しぜんのちから」は「10まんボルト」に、グラスフィールド下なら「エナジーボール」になります。

 

ポケモン

もちもの

わざ

とくせい

f:id:baitopoke:20190922095414p:plainf:id:baitopoke:20190922093342p:plain

バクーダナイト 

ふんか 

だいちのちから 

しぜんのちから 

まもる 

ハードロック→ちからずく 

f:id:baitopoke:20190922093506p:plain

ウイのみ 

さいはい 

ちょうはつ 

トリックルーム 

サイドチェンジ 

せいしんりょく 

f:id:baitopoke:20190505113853p:plain

デンキZ 

ワイルドボルト 

フリーフォール 

とんぼがえり 

まもる 

エレキメイカー 

f:id:baitopoke:20190510173318p:plain

しろいハーブ 

ウッドハンマー 

ばかぢから 

いわなだれ 

まもる 

グラスメイカー 

f:id:baitopoke:20190818101520p:plain

ミミッキュ

じゃれつく 

シャドークロー

つるぎのまい

トリックルーム 

ばけのかわ 

f:id:baitopoke:20190922094354p:plain

こだわりスカーフ 

このゆびとまれ 

いのちがけ 

いわなだれ

ファストガード 

せいしんりょく 

 

 上記のPTをダブルレートで試運転をしたところ、上4体(バクーダヤレユータンf:id:baitopoke:20190922093506p:plain、カプ・コケコ、カプ・ブルル)は感触がよかったので固定することにしました。

 ミミッキュは火力がなかったので、ガオガエンに打点のあるブルンゲルf:id:baitopoke:20190926223833p:plainに変更することに。

 

ポケモン

もちもの

わざ

とくせい

f:id:baitopoke:20190922095414p:plainf:id:baitopoke:20190922093342p:plain 

バクーダナイト

ふんか

だいちのちから

しぜんのちから

まもる

ハードロック→ちからずく 

f:id:baitopoke:20190922093506p:plain

ウイのみ

さいはい

ちょうはつ

トリックルーム

サイドチェンジ

せいしんりょく 

 f:id:baitopoke:20190505113853p:plain

デンキZ 

ワイルドボルト 

フリーフォール 

とんぼがえり 

まもる 

エレキメイカー 

f:id:baitopoke:20190510173318p:plain

しろいハーブ 

ウッドハンマー

ウッドホーン

いわなだれ

まもる

グラスメイカ

 f:id:baitopoke:20190926223833p:plain

エレキシード

しおふき

シャドーボール

トリックルーム

じこさいせい

のろわれボディ

f:id:baitopoke:20190922094354p:plain

こだわりスカーフ

このゆびとまれ

いわなだれ

いのちがけ

ファストガード

せいしんりょく

 

 ブルンゲルは優秀だったけど、メガサーナイトガオガエンにもっと強い「トリックルーム」要員にしたいなあ。

ツンデツンデf:id:baitopoke:20191015181638p:plainを採用してみよう!

 

 あとルカリオの「このゆびとまれ」と「いのちがけ」のサポート性能がなんか使いづらいなあ(後述)。

 

このゆびとまれ」要員に求める役割としては

・「このゆびとまれ」を使える(大前提)(「いかりのこな」は草タイプのポケモンの攻撃を吸えないので怪しい)

・全体技もカバーできると嬉しい。

・「トリックルーム」を貼った後に生き残っても置物にならない。

 

 というわけで「がむしゃら」を覚えたレベル2ピッピf:id:baitopoke:20191015181623p:plain(特性フレンドガード)を採用してみました。

 

ポケモン

もちもの

わざ

とくせい

f:id:baitopoke:20190922095414p:plainf:id:baitopoke:20190922093342p:plain

バクーダナイト

ふんか

だいちのちから

しぜんのちから

まもる

ハードロック→ちからずく

f:id:baitopoke:20190922093506p:plain

ウイのみ

さいはい

ちょうはつ

イカサマ

トリックルーム

せいしんりょく

f:id:baitopoke:20191015181711p:plain

デンキZ

かみなり

めざめるパワー氷

とんぼがえり

フリーフォール

エレキメイカ

f:id:baitopoke:20191015181657p:plain

いのちのたま

ウッドハンマー

マジカルシャイン

ばかぢから

いわなだれ

グラスメイカ

f:id:baitopoke:20191015181623p:plain

きあいのタスキ

このゆびとまれ

がむしゃら

いやしのはどう

まもる

フレンドガード

f:id:baitopoke:20191015181638p:plain

しろいハーブ

いわなだれ

ジャイロボール

トリックルーム

まもる

ビーストブースト

 

 このPTを使ってダブルレートで試運転をしたところ、ピッピが「がむしゃら」を打つと、相手のポケモンに回復木の実を食べられてHPを回復される展開が多いのが気になりました。

 そこで、ピッピのレベルを上げてHP実数値を上げ、相手のポケモン(特にガオガエン)に木の実を食べられないようにしました。このポケモンについては個別解説で詳しく書きます。

 

  

個別解説 

〇ピッピf:id:baitopoke:20191015181623p:plain(Lv.17)

 特性:フレンドガード

 持ち物:きあいのタスキ

 性格:のんき

 努力値:B252 D252 S4

 実数値:51-22-40-28-43-15

 技:このゆびとまれ/がむしゃら/いやしのはどう/まもる

 

 H:個体値6(2~7ならなんでもいい)

   HP満タン時に「がむしゃら」を打つと、ガオガエンに回復木の実を使わせないラインまで削ることができる

 B:ぶっぱ(個体値31)

 D:ぶっぱ(個体値31)

 S:個体値0(1~6でもよい)

   味方の最遅ツンデツンデ-1

 

・隣の「トリックルーム」を貼るポケモンを「このゆびとまれ」で補助する役割があります。「このゆびとまれ」で相手の攻撃を吸った後、迅速に倒れてもらい、裏のエースポケモンたちを繰り出すためにレベルを下げています。

 またトリックルーム中でも置物にならないように「がむしゃら」を所持しています。相手のHPが自分と同じになるため、隣のヤレユータンの「イカサマ」やツンデツンデの「いわなだれ」等で相手を倒しやすくなります。

・ピッピはなつき度を上げてレベルアップで進化するので、レベル1では存在しないです。必ずレベル2以上です。そしてピィは「このゆびとまれ」を使えないので、進化させ得です。ちなみにピッピはレベル16で「このゆびとまれ」を覚えられます。

・レベル2のときのピッピはH実数値は14か15で、ピッピのHPが満タンのときに「がむしゃら」を打つと、相手のHPを大きく削ることができますが、その直後に回復木の実を持っているポケモンたちはムシャムシャと木の実でHPを回復します。

 そこで少しレベルを上げ、S実数値をツンデツンデより1遅い15となるレベル17で、さらにH実数値51で採用することにしました。HP満タン状態で「がむしゃら」を打つと、多くのポケモンたち、たとえばガオガエン(HP202のとき残りHP50で木の実発動)、サンダー(HP197のときHP49で木の実発動)やらカプ・レヒレ(HP177のとき残りHP44で木の実発動)の半回復木の実を発動させることなく、限界までHPを削ることができます。

 ただしカビゴンクレセリアにはこの考え方が通用しないので、「このゆびとまれ」やHP1での「がむしゃら」を使っていく必要があったように思います。

・オフ会でほかの参加者が低レベルのポケモンを使用していた場合を考慮して、BとDに努力値を振っておくことにしました。3位決定戦ではガオガエンの「バークアウト」を素で耐える場面もありました。

・レベル18もS実数値15にできますが、H実数値が53以上となるので没にしました。

 レベル16でも個体値次第でHP実数値51、S実数値15のラインを達成できますが、BとDの実数値をできるだけ高くしたかったので、レベル17にしています。

・ほかにもレベル2と比べてレベル17を比較したとき、エルフーン(A64)の「ふくろだたき」で倒されません(マニューラの「ふくろだたき」やメガガルーラの「ねこだまし」や「ふいうち」は無理)。

・「いやしのはどう」はブルンゲルを採用していた頃の名残です。トリックルーム下で「いやしのはどう」→「しおふき」で火力を出せます。削れたメガバクーダの体力を回復させて、「ふんか」の威力を上げることもできます。しかし今の形となったPTの試運転のダブルレートやオフ会では使用しなかったので、他の技に変えるべきかもしれません。候補としては「てだすけ」「にほんばれ」「アンコール」「いやしのねがい」「じゅうりょく」「スポットライト」等が面白そうです。

 

 

ヤレユータンf:id:baitopoke:20190922093506p:plain

 特性:せいしんりょく

 持ち物:イアのみ

 性格:なまいき

 努力値:H252 B236 D20

 実数値:197-65-130-×-146-58

 技:イカサマ/さいはい/ちょうはつ/トリックルーム

 

 H:ぶっぱ

 B:いじっぱり霊獣ランドロス(A216)のZ「じしん」高乱数耐え(169~199)

 D:ひかえめルンパッパ(C156)の雨Z「ハイドロポンプ」高乱数耐え(168~198)

  隣に特性フレンドガードのピッピがいる状態なら、おくびょうサザンドラ(C177)のZ「あくのはどう」確定耐え

 S:最遅(個体値0)

 

・「トリックルーム」要員その①。レベルを下げると、必要な耐久ラインを確保できないので、レベルは50で採用しています。

・特性せいしんりょくのおかげで、「ねこだまし」や「いわなだれ」で怯まずに「トリックルーム」を貼ることができます。相手からの「ちょうはつ」はピッピに吸ってもらうプレイングを心がけました。

・このポケモンの「ちょうはつ」は相手の「トリックルーム」での返しや、モロバレルの「キノコのほうし」や「いかりのこな」、カビゴンの「はらだいこ」や「のろい」、「まもる」「みがわり」「ワイドガード」等の補助技を防ぐために採用しています。

・「さいはい」は楽しそうなので、またこのポケモンならではの技なので採用しています。主にメガバクーダの「ふんか」や「だいちのちから」、ツンデツンデの「いわなだれ」や「ジャイロボール」をもう1度打つのに使用しました。ただしメガバクーダの「しぜんのちから」はなぜか「さいはい」すると「うまくきまらなかった!」というメッセージが流れます。なぜか。

・「イカサマ」はカビゴンギルガルドメタグロスあたりの抜群もとれる便利な技でした。

 

 

ツンデツンデf:id:baitopoke:20191015181638p:plain

 特性:ビーストブースト

 持ち物:しろいハーブ

 性格:ゆうかん

 努力値:H252 A252 D4

 実数値:168-201-231-×-122-16

 技:いわなだれ/ジャイロボール/トリックルーム/まもる

 

 H:ぶっぱ

 A:ぶっぱ

 D:端数

 S:最遅

 

・レベル60未満のツンデツンデは存在しないので、ルール上自動的にレベル50になります。

・「トリックルーム」要員その②。めっちゃ強いんだけど、あんまり書くことがない^^;

・対サーナイトボーマンダリザードンあたりを想定しています。

ガオガエン等の特性いかくによるAダウンが頻発するため、しろいハーブはとても発動回数が多かったです。選出したら毎試合発動していたような気がします。

 

 

バクーダf:id:baitopoke:20190922095414p:plain

 →メガバクーダf:id:baitopoke:20190922093342p:plain

 特性:ハードロック→ちからずく

 持ち物:バクーダナイト

 性格:れいせい

 努力値:H252 B4 C252

 実数値:177-×-91-172-95-41

    →177-×-121-216-125-22

 技:ふんか/だいちのちから/しぜんのちから/まもる

 

 H:ぶっぱ。

   16n+1・・・グラスフィールドで体力回復の効率が良い。

 B:端数

 C:ぶっぱ

 S:最遅

 

・「バクーダを使いたい」から入ったけど、紹介は4番目です。

・火力がとにかくほしいので、レベル50で採用しています。なんでもかんでもピッピの「がむしゃら」で解決するわけではないので。

・命中が安定しているのでメインウェポンには「ふんか」と「だいちのちから」を採用しています。特に「だいちのちから」は特性ちからずく込みでシュカの実持ちのヒードランも粉砕することができます。 

・ここからは以前の記事のコピペです。

 「しぜんのちから」は

  フィールドが展開されていないときは「トライアタック」

  エレキフィールドでは「10まんボルト

  グラスフィールドでは「エナジーボール

  サイコフィールドでは「サイコキネシス

  ミストフィールドでは「ムーンフォース」へと変化する技です。

  これらの仕様で変化した技の威力は、メガバクーダの特性ちからずくのおかげで追加効果が発生しないかわりに1.3倍になります。そして、グラスフィールド下での特性ちからずく込みの「エナジーボール」だと、H振りカプ・レヒレスイクンを確定1発、H振りミロカロスを高乱数で倒すことができます。

 メガバクーダ軸のPTで鬼門だった水タイプ高耐久ポケモンメガバクーダで突破することができるため、トリックルーム下での制圧力を増すことができます。フィールドを展開できるポケモンが2匹以上入っているPTなら、「ふんか」と「だいちのちから」持ちメガバクーダのサブウェポンとして優秀だと思います。

 また「しぜんのちから」は攻撃技ではなく変化技扱いなので、相手が「ふいうち」で攻撃しようとしてもその攻撃を透かすことができます。ただし、変化技扱いなので「ちょうはつ」で止められてしまうリスクがあります(メガバクーダに「ちょうはつ」を打つ場面はなかなか想定できませんが)。

 トリックルーム下でメガバクーダと水タイプのポケモンが対面したとき、隣にカプ・ブルルかカプ・コケコを後出しすることで、「しぜんのちから」が変化した「エナジーボール」か「10まんボルト」で水タイプを倒すという動きを想定しています。

 

 グラスフィールドでの「エナジーボール」の与ダメージ計算

  H252カプ・レヒレ(H177D150)を確定1発(190~224)

  H252スイクン(H207D135)を確定1発(212~250)

  砂嵐状態の無振りバンギラス(H175D120)を確定1発(176~208)

  H252トリトドン(H218D102)を確定1発(620~732)

  H252ミロカロス(H202D145)を高乱数1発(196~232)(13/16)

  H4霊獣ランドロス(H165D100)を高乱数1発(158~187)(12/16)

 エレキフィールドでの「10まんボルト」の与ダメージ計算

  H252メガリザードンY(H185D135)を確定1発(212~250)

  耐久無振りメガボーマンダ(H170D110)を確定2発(130~153)

  H84D252メガボーマンダ(H181D142)を確定2発(101~119)

 

 

カプ・ブルルf:id:baitopoke:20190510173318p:plain

 特性:グラスメイカ

 持ち物:いのちのたま

 性格:ゆうかん

 努力値:H252 A252 D4

 実数値:177₋200₋135₋105₋116₋72

 技:ウッドハンマー/ばかぢから/マジカルシャイン/いわなだれ

 

 H:ぶっぱ

   16n+1・・・グラスフィールドでのHP回復効率がよい。

 A:ぶっぱ

 D:端数

 S:最遅(S個体値1、0でもよい)

 

・レベル60未満のカプ・ブルルは存在しないので、ルール上自動的に50になります。

・「トリックルーム」下でのエースとして活躍してほしいので、「まもる」を切り、ほしい攻撃技4つで固めて、技範囲を広げています。

 「ウッドハンマー」はメインウェポンです。「いわなだれ」はリザードンに、「ばかぢから」はカビゴンガオガエンに、「マジカルシャイン」はジャラランガに打つことを想定しています。

 

 

〇カプ・コケコf:id:baitopoke:20190505113853p:plain

 特性:エレキメイカ

 持ち物:デンキZ

 性格:おくびょう

 努力値:H4 C252 S252

 実数値:146₋121₋105-147₋95₋200

 技:10まんボルト/めざめるパワー氷/とんぼがえり/フリーフォール

 

 H:端数

 C:ぶっぱ

 S:ぶっぱ

 

・フィールド要員その2。相手にモロバレルボーマンダが見えたときに選出することが多かったです。

・「フリーフォール」で「トリックルーム」を張る際の補助もできます。「トリックルーム」を張ったあとは後攻「とんぼがえり」で後発のポケモンと交代できます。

・「めざめるパワー氷」はボーマンダガブリアス、霊獣ランドロス等に。

・「まもる」を切っているかなりの欲張りポケモンですが、どの技も役に立ったと感じています。

 

 

選出

・先発は

 トリックルーム要員(f:id:baitopoke:20190922093506p:plainf:id:baitopoke:20191015181638p:plainのどちらか)

 +補助要員(f:id:baitopoke:20191015181623p:plainf:id:baitopoke:20191015181711p:plainのどちらか)

・後発は刺さっているポケモンたちを適当に選んで選出していました。

 

 

ポケモン

ミミッキュf:id:baitopoke:20190818101520p:plain

 特性:ばけのかわ

 持ち物:ミミッキュZ

 性格:ゆうかん

 努力値:H252 A252 B4

 実数値:162-156-91-×-126-90

 技:じゃれつく/シャドークロー/つるぎのまい/トリックルーム

 

・優秀なタイプと特性ばけのかわのおかげで「トリックルーム」要員としては優秀なものの、A種族値は90と控えめで、「つるぎのまい」を積まないと思ったより火力が出ないこと、またAをダウンさせるいかくが飛び交うダブルバトルでは使いにくいと思いました。

・レベルを下げ、「いたみわけ」や「のろい」で相手のHPを削っていくミミッキュも面白いかも?

 

 

ルカリオf:id:baitopoke:20190922094354p:plain

 特性:せいしんりょく

 持ち物:こだわりスカーフ

 性格:ようき

 努力値:H252 D4 S252

 実数値:177ー130ー90ー×ー91ー161

 技:いのちがけ/このゆびとまれ/ファストガード/いわなだれ

 

・「このゆびとまれ」または「いのちがけ」要員としては優秀ですが、初手に相手がHPの多いポケモンや全体技を覚えているポケモンを並べたり、ルカリオより足の速いこだわりスカーフ持ちを選出したりされると、仕事があまりできなかったです。

・また「このゆびとまれ」で拘ったのに、相手がルカリオを落としてくれなかったりすると、エースのバクーダを展開できないため、困ってしまうこともありました。ヤレユータンで「トリックルーム」を貼ったら、迅速にエースのバクーダを出して、相手の頭数を減らしていきたいところです。

こだわりスカーフではなく、きあいのタスキを持たせるのもありでしょうか…?

 

 

ブルンゲルf:id:baitopoke:20190926223833p:plain

 特性:のろわれボディ

 持ち物:エレキシード

 性格:れいせい

 努力値:H252 C252 D4

 実数値:207-72-90-150-126-58

 技:しおふき/シャドーボール/じこさいせい/トリックルーム

 

ミミッキュの枠を同じゴーストタイプで、ガオガエンに打点のあるブルンゲルに変更して試運転していました。持ち物はガオガエンの「はたきおとす」に対抗できるエレキシードにしてみました。隣のカプ・コケコとの相性もよかったです。

ヤレユータンのS個体値を2or3にし、S実数値を59とすると、ブルンゲル(58)よりS実数値+1となります。これにより、PT内のS順を明確にできるとともに、トリックルーム下で「しおふき」→「さいはい」→「しおふき」の動きが可能になります。

ブルンゲルの「トリックルーム」を貼る性能は優秀でしたが、やはり火力が少し足りないと感じました。またガオガエンの「はたきおとす」には強いものの、「バークアウト」や「DDラリアット」、「ハイパーダーククラッシャー」になすすべがないのが気になりました。

・一度「トリックルーム」を貼っても、さらに「トリックルーム」を重ねられることで、時空が元に戻ってしまう事案が多く、やはり「トリックルーム」要員としては「ちょうはつ」持ちヤレユータンの性能がより上だと感じました。


 

ハリテヤマf:id:baitopoke:20191015181600p:plain

 特性:こんじょう

 持ち物:かえんだま

 性格:ゆうかん

 努力値:A252 B4 D252

 実数値:219ー189ー81ー×ー112ー49

 技:インファイト/ねこだまし/自由枠/自由枠

 

・「ねこだまし」で隣が「トリックルーム」を打つ補助をします。

・特性こんじょうのポケモンには状態異常になるアイテムをもたせることが多いです。

 第6世代まではかえんだま派とどくどくだま派で好みが分かれていたようですが、今世代では定数ダメージの変更の影響でかえんだま一択らしいです。 

・育成はしたものの、未使用です。入れるならピッピの枠でしょうか。WCS2018ルール(全員自動的にLv.50になるダブルバトル)なら入るはずです。

 その場合、↓の表のようなPTになるでしょうか。

 

ポケモン

もちもの

わざ

とくせい

f:id:baitopoke:20190922095414p:plainf:id:baitopoke:20190922093342p:plain

バクーダナイト

ふんか

だいちのちから

しぜんのちから

まもる

ハードロック→ちからずく

f:id:baitopoke:20190922093506p:plain

ウイのみ

さいはい

ちょうはつ

サイドチェンジ

トリックルーム

せいしんりょく

f:id:baitopoke:20191015181711p:plain

デンキZ

10まんボルト

めざめるパワー氷

とんぼがえり

フリーフォール

エレキメイカ

f:id:baitopoke:20191015181657p:plain

いのちのたま

ウッドハンマー

マジカルシャイン

ばかぢから

まもる

グラスメイカ

f:id:baitopoke:20191015181600p:plain

かえんだま

インファイト

いわなだれ

どくづき

ねこだまし

こんじょう

f:id:baitopoke:20191015181638p:plain

しろいハーブ

いわなだれ

ジャイロボール

トリックルーム

まもる

ビーストブースト

 

  

感想

・トリプル界隈には「実は低レベルポケモンを採用する人たちはマジメにその採用を考えている」という言葉がありました。自分は面白おかしく採用を考えていると思っていましたが、いざその採用を考えたとき、その言葉は本当だったんだなあと思っています。

・うみオフで3位に入れてめっちゃ嬉しいです!! やったー!!

・うみオフでの負けはカイカイさんとのBO3の1戦目と、決勝トーナメントのモルフさんでした。モルフさんは2007年にLv.1ドーブルを使用して全国チャンピオンになった方で、低レベル戦法を広めた人です。そんな人と戦えてとても光栄でした!

・相談に乗ってくれたErmes氏に感謝です!!

・ジガルデ1on1もよろしくお願いします。

 

baitopoke.hatenablog.com

 

 

うみオフ思い出